于右任うゆうじん

  • 買取強化中
  • 書家

于右任について

于右任の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

于右任

于 右任(う ゆうじん)は、清末から中華民国にかけての政治家・軍人・書家・文化人・教育家・ジャーナリスト。


中国同盟会以来の古参の革命派で、国民政府の監察院院長として知られる。
名は伯循だが、一般には字の右任を用いて呼ばれる。筆名は、神州旧主、騒心、大風、剥果、太平老人など多数ある。祖籍は陝西省西安府涇陽県。


挙人であったが、日本に留学。1906年(明治39)中国同盟会に入会した。
帰国後は「神州日報」や「民立報」などで清朝批判を展開。民国成立後の1912年に南京臨時政府の交通部次長となる。しかし、袁世凱(えんせいがい)が大総統となると反袁運動を展開する。


1924年の国共合作では国民党中央執行委員となり、孫文の死後は国民党右派の指導者として活躍。1930年監察院長となり、以後党内の要職を歴任した。


1964年11月台北で死去した。

于右任の代表的な作品

  • 「涇原故舊記」
  • 「變風集」
  • 「右任詩存」
  • 「于右任言行録」
  • 「標準草書」
  • 「標準草書范本千字文」
  • 「右任文存」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

于右任を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法