買取作家

雨宮淳

あめのみや あつし

雨宮淳 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 雨宮淳 の作品を高く評価し買取しております。
もし 雨宮淳 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

雨宮淳(あめのみや あつし、1937(昭和12)年4月18日-2010(平成22)年2月8日 享年72歳)は、昭和から平成時代の日本の彫刻家。
東京都で雨宮治郎の子として生まれる。彫刻家の雨宮敬子は姉である。


1961(昭和36)年に日本大学芸術学部を卒業。在学中は映画を学ぶ。しかし、卒業後は加藤顕清に彫刻理論を学び、父・雨宮治郎に師事し彫刻家の道へ進む。北村西望とその息子である北村治禧にも師事する。


1963(昭和38)年日展で出品、初入選する。同年、日彫展でも初入選を果たす。翌年の1964(昭和39)年には日彫展で奨励賞を受賞。日本彫塑会会員となる。その後も出品を続け、1966(昭和41)年、第9回新日展で男性裸体立像の作品を出品。翌年の第10回新日展でも男性裸体立像の作品を出品。それぞれ、特選となる。1974(昭和49)年には社団法人日展会員となる。


その後も制作を続け、1983(昭和58)年に東京野外現代彫刻展で大衆賞受賞。1984(昭和59)年の第14回日彫展では第5回西望賞を受賞する。その後1991(平成3)年第23回日展では内閣総理大臣賞受賞。また、1997(平成9)年には第28回日展で「韻」を出品。この作品は第53回日本芸術院賞受賞を受賞する。


多数の賞を受賞した雨宮淳は、2001(平成13)年には日本芸術院会員となり活躍を見せた。父や姉ともに日本芸術院会員となっている。


制作活動を行う一方で1985(昭和60)年から2003(平成15)年まで宝仙学園短大で教授を勤め、後進の指導に励んだ。また2002(平成14)年からは日本彫刻会理事長となる。

広く活躍を見せた雨宮淳だが、2010(平成22)年2月8日に東京都文京区の病院で心不全のため死去した。


初期の作品は古典的なポーズの男性像を中心に制作していたが、1972(昭和47)年からは裸婦像を中心に制作。裸婦の彫刻家として広く知られる。また、女性像は男性象の力強いポーズとは対照的に静的な身振りであり、抽象的な概念を表現した作品である。雨宮淳の作品は公園や広場などにも設置されている。



年表
1937(昭和12)年 東京都で生まれる
1961(昭和36)年 日本大学芸術学部 卒業
1963(昭和38)年 日展に「首(B)」を出品 初入選
         日彫展で初入選
1964(昭和39)年 日彫展 奨励賞受賞
1965(昭和40)年 日彫展 努力賞受賞
1966(昭和41)年 第9回新日展に「望」を出品 特選
1967(昭和42)年 第10回新日展に「未来を背負う人間像」を出品 特選
1974(昭和49)年 社団法人日展会員
1983(昭和58)年 東京野外現代彫刻展 大衆賞受賞
1984(昭和59)年 第14回日彫展で「独」を出品 第5回西望賞受賞
1985(昭和60)年 宝仙学園短大教授
1991(平成3)年  第23回日展で内閣総理大臣賞受賞
1997(平成9)年  第28回日展で「韻」を出品 
         第53回日本芸術院賞受賞受賞
2001(平成13)年 日本芸術院会員
2002(平成14)年 日本彫刻会理事長
2010(平成22)年 死去

雨宮淳 の代表的な作品

  • 「旭日昇天」
  • 「トルソー」
  • 「聡慧」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら