佐藤忠良さとう ちゅうりょう

    佐藤忠良について

    佐藤忠良の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日)は日本の彫刻家。

    新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立より多数の後進の教育に携わった。女優の佐藤オリヱは娘。

    佐藤忠良の代表的な作品

    • 『群馬の人』(1952年)
    • 『微風』(1963年制作)
    • 『蒼穹』(1977年)
    • 『夏の像』(1977年)
    • 『若い女の像』(1984年)
    • 『帽子』シリーズ など。
    • 『支倉常長像』(世界各地にある。)
    • 絵本の挿絵に福音館書店版『おおきなかぶ』(ロシア民話、トルストイ編、内田莉莎子訳) などがある。

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    佐藤忠良を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法