松田尚之まつだ なおゆき

    松田尚之の買取

    松田尚之の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    松田尚之(まつだ なおゆき、1898年(明治31年)9月4日 - 1995年(平成7年)3月29日)は、昭和時代に活躍した日本の彫刻家である。また、日本芸術院会員でもある。ブロンズによる裸婦像を得意とした。松田は、詳細な再現にこだわることない、おおらかな表現による量感のある裸婦像を多く残している。また、自然の組み立てと不思議な金工のうねりの中で独自の造形世界を構築しており、高く評価されている。
    出身は富山県である。1992年に東京美術学校彫刻科を卒業し、帝展に出品した。1926年、1927年に特選。その後1930年に京都帝国大学の講師となる。1932年、帝展審査員となり、1935年には京都市立美術工芸専門学校の教諭になる。また文展に出品し、1943年に同審査委員となり、1946年には日展審査員となった。1951年には金沢美術工芸大学の教授を務めた。その後、1952年に京都学芸大学の教授となった。1958年に日本芸術院賞を受賞、また日展評議員となった。1968年に日本芸術院の会員となり、日展理事も務めた。1969年に同常務理事、1970年には勲三等瑞宝章を受章し、1975年に日展顧問となった。

    松田尚之の代表的な作品

    • 「ポーズせる女」
    • 「姿」
    • 「年若き女」
    • 「女性」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    松田尚之を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法