買取作家

吉田三郎

よしだ さぶろう

吉田三郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 吉田三郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 吉田三郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

吉田 三郎(よしだ さぶろう)
・1889年5月25日~1962年3月16日
・彫刻家 日本芸術院会員。
・石川県出身

・1912年東京美術学校彫塑科卒、1918年文展特選
・1919年帝展特選
・1922年帝展審査員
・1931年文部省により古代彫刻研究のため一年間仏、イタリア、北米に留学。
・1935年多摩美術短期大学彫刻科教授
・1943年日本美術及工芸会理事
・1950年日本芸術院賞受賞
・日展運営会参事
・1955年日本芸術院会員
・1958年日展常務理事
・1960年日展「辻永氏」
・1961年日本彫塑家クラブ委員長

吉田三郎は石川県出身の彫刻家で、石川県の彫刻の先駆けとして活躍する。作品の多くは生まれ故郷の石川県立美術館に所蔵、展示されています。
また、多くの作家や文人との交流を持っていた事でも知られています。

東京美術学校彫塑科の同期には北村西望や建畠大夢などがいた。
在学中に文展に出品した「たちんぼ」という作品が初入選したのをきっかけに、後の帝展、新文展、日展を通じて連続で作品を発表。
こうして審査委員をつとめるまでとなり、歴任した回数は20回以上で、この回数は官展史上で記録に残るものとなっている。

また、文展最後の第12回展では初特選となった出世作の「潭」があり、第1回帝展では唯一の特選を受賞した「老坑夫」は大正期随一の名作として高い評価を受けている。
吉田三郎の作品の特徴は、初期の頃から「実態を確実に掴もう」という徹底した写実表現で、主題として好んで選ばれるのが飾り気のない男性像で、
年輪を重ねた老人や労働者の姿を作品にしたものが多いのも特徴です。

吉田三郎 の代表的な作品

  • 『たちんぼ』 『潭』 『老坑夫』 『たちんぼ』 『潭』 『老坑夫』

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら