後藤貞行ごとう さだゆき

    後藤貞行の買取

    後藤貞行の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    後藤貞行(ごとう さだゆき/ていこう 1850年(嘉永3年)‐1903年(明治36年))は日本の彫刻家。

    「馬専門の彫刻家」や「馬の後藤」と称されるほど、馬に精通していた彫刻家として知られている。
    高村光雲に師事。
    20代半ばに軍事顧問団の1人として来日していたオーギュスタン・デシャルムに西洋画を学び、
    陸軍戸山学校の図画取調掛となったのち、軍馬局に勤めている際に石版画、写真術などを学んだ。

    1850年 駿河国(現・静岡県)で生まれる
    1866年 幕府の騎兵所に入所する
        廃藩置県後に東京で兵馬術を学ぶ
    1874年 フランス人のデシャルムに西洋画を学ぶ
    1875年 陸軍戸山学校の図画取調掛となる
    1880年 軍馬局に勤め、高村光雲に師事。
    1884年 天皇の愛馬「金華山号」の銅像を制作する。
    1890年 東京美術学校に勤務する
        高村光雲と、楠木正成像(馬像部分)や西郷隆盛像(犬像部分)を共同制作する
    1898年 逝去

    後藤貞行の代表的な作品

    • 「金華山号像」
    • 「楠木正成像」
    • 「西郷隆盛像の犬」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    後藤貞行を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法