古賀忠雄こが ただお

    古賀忠雄について

    古賀忠雄の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    古賀忠雄(こが ただお 1903年(明治36年)-1979年(昭和54年))は日本の彫刻家。佐賀県出身。
    日本を代表する具象彫刻科の一人。人物肖像、裸婦、動物などを中心にブロンズ作品、石膏作品のほか、陶器なども制作。

    1903年 佐賀市に生まれる。
    1929年 「仏心」で第10回帝展初入選。
    1939年 「岬の男」で第3回文展(現日展)特選を受賞。
    1943年 「建つ大東亜」で帝国芸術院賞受章[1]。
    1945年 日展委員に就任。
    練馬にアトリエを構え彫刻を中心に陶器・絵画など様々な分野の作品を発表する。
    1963年 渡欧。西洋彫刻を研究。
    1967年 日本芸術院会員となって以降、日本彫刻会理事長を始め複数の要職に就いた。
    1973年 勲三等瑞宝章を受賞。
    1979年 逝去。享年77歳。

    古賀忠雄の代表的な作品

    • 「起つ大東亜」
    • 「現代を見つめる西郷隆盛」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    古賀忠雄を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法