米原雲海よねはら うんかい

    米原雲海について

    米原雲海の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    米原 雲海(よねはら うんかい、1869年~1925年)は島根県出身の日本の彫刻家。

    本名は木山幸太郎、米原家の養子となる。高村光雲に師事、師光雲に因み雲海と号した。
    その後1897年に「ジェンナー像」を制作するが、この技術は木彫界の革命と評される。1907年には平櫛田中、山崎朝雲らとともに日本彫刻会を結成。第一回東京勧業博覧会に出展した作品「清宵」は一等賞を受賞し、同作品は1910年の日英博覧会で金賞となり、2002年には文化庁より登録美術品として登録された。

    米原雲海の代表的な作品

    • 「清宵」
    • 「仙丹」
    • 「竹取翁」「旅人」
    • 長野県善光寺の仁王像(高村光雲との合作)

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    米原雲海を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法