買取作家

舟越保武

ふなこし やすたけ

舟越保武 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 舟越保武 の作品を高く評価し買取しております。
もし 舟越保武 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

舟越 保武(ふなこし やすたけ、1912年12月7日 - 2002年2月5日)は佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。

1912年、岩手県二戸郡一戸町小鳥谷に生まれた。父親が熱心なカトリック信者だった。

県立盛岡中学校(現在の岩手県立盛岡第一高等学校)在学中に同期の松本俊介と、ともに絵画クラブに所属していた。

高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け、彫刻家を志す。

1934年(昭和9)東京美術学校(現、東京芸術大学)彫刻科塑造部に入学、在学中から国画会展で受賞、39年卒業後、新制作派協会(現、新制作協会)彫刻部の創立に参加し、会員となった。

1939年 東京美術学校(後の東京藝術大学)彫刻科を卒業。このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになり、二人は戦後の日本彫刻界を牽引していく。

卒業後、独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される。

1950年、長男が生まれて間もなく急死したのを機に、自らも洗礼を受けてカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。

「長崎二十六殉教者記念像」(1962、高村光太郎(こうたろう)賞受賞)、「ダミアン神父」(1969)、「原の城」(1972)などを発表。

1967年から1980年の間、東京芸術大学教授を務める。その後、多摩美術大学教授を務めた。

1972年『原の城』をローマ法王庁に寄贈。1973年ローマ教皇から「大聖グレゴリオ騎士団長」の勲章を、1978年芸術選奨文部大臣賞を受けた。

1986年、東京芸術大学名誉教授に。

1987年、脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた。1999年、文化功労者。

2002年2月5日、多臓器不全で死去。享年89。

舟越保武 の代表的な作品

  • 「原の城」
  • 「道東の四季-春-」出典:Wikipedia

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら