買取作家

桜井祐一

さくらい ゆういち

桜井祐一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 桜井祐一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 桜井祐一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

桜井 祐一(さくらい ゆういち、1914年-1981年)は、日本の彫刻家。山形県出身。

1931年から1年間、小林芳聰に彫刻の基本を教えてもらった後、1932年、平櫛田中に師事。

1934年の第21回院展に木彫「乞ふ人」が初入選。これをキッカケに院展を中心に活動を続ける。

しかし、1939年の第3回文展に「男立像」が初入選、戦前の頃は文展にも出品していた。

1940年日本美術院院友となり、戦後は彫塑に転じて、1946年第31回院展で日本美術院賞を、49年には日本美術院奨励賞を受賞する。

1951年、第36回院展「青年」52年第37回院展「若い男」で日本美術院賞大観賞を連続で受賞し、55年同人に推挙された。

1961年、美術院の彫刻部が解散したため、彫刻家集団S・A・Sの結成を経て、63年10月国画会に合流、彫刻部の創立メンバーとなる。この頃日本国際美術展、現代日本美術展にも出品している。

1965年には第1回日本現代彫刻展に「あるポーズ」を出品し宇部市賞を受賞、70年に山形美術博物館で桜井祐一展が開催された。

また、1977年第5回長野市野外彫刻賞を受賞し、79年「レダ」により第10回中原悌二郎賞、翌年には、第1回高村光太郎賞の優秀賞を受賞するなど、戦後の具象彫刻の代表的作家ととして活躍した。

1981年、肝臓ガンのため、東京都板橋区の日本大学付属板橋病院で死去した。享年67歳。

桜井祐一 の代表的な作品

  • 「青年」
  • 「ネグリジェの女」
  • 「若い男」
  • 「あるポーズ」
  • 「レダ」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら