買取作家

山本安曇

やまもと あづみ

山本安曇 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 山本安曇 の作品を高く評価し買取しております。
もし 山本安曇 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

山本安曇(やまもと あづみ、1885年-1945年)は、明治から昭和時代に活躍した日本の彫金家である。穂高立足に生まれる。
研成義塾に入り、井口喜源治の薫陶を受ける。その後東京美術学校鋳金科に入学。古典派の香取秀真の信望が厚く、同郷の先輩荻原碌山の影響を多く受けた。1912年に同校を卒業。1927年第8回帝国美術院展に出品した「三光」が初入選。その後の1932年には第13回帝国美術院展覧会で「盤」出品。審査員となる。
その後も作品の発表を続け、1936年第1回帝展で「三蔵法師」が文部省指定買上げとなる。また、同年に文部省美術展覧会鑑査展に委員を委嘱される。「鳥付松文花瓶」を出品する。
その後、文部省美術展覧会に審査員として数多く出品。1937年第1回文部省美術展覧会に出品した「金属酒仙」が無鑑査となる。1944年の戦争特別美術展覧会でも「反撃図花瓶」が無鑑査となる。
1945年3月4日、東京駒込の自宅前にて空襲により死去した。

年表
1885年 穂高立足に生れる
1912年 東京美術学校鋳金科を卒業
1927年 第8回帝国美術院展に出品 初入選
1932年 第13回帝国美術院展覧会に出品 審査員
1936年 第1回帝展で「三蔵法師」を出品
    文部省指定買上げ
1936年 文部省美術展覧会鑑査展に委員を委嘱される
    「鳥付松文花瓶」を出品
1937年 第1回文部省美術展覧会で「金属酒仙」が無鑑査
1944年 戦争特別美術展覧会「反撃図花瓶」が無鑑査
1945年 空襲により死去

山本安曇 の代表的な作品

  • 「三蔵法師」
  • 「金属酒仙」
  • 「反撃図花瓶」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら