買取作家

丸山不忘

まるやま ふぼう

丸山不忘 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 丸山不忘 の作品を高く評価し買取しております。
もし 丸山不忘 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

丸山 不忘(まるやま ふぼう、1890年(明治23年)4月5日 - 1970年(明治45年)10月22日)は、大正・昭和期の鋳金家であり、東京芸術大学名誉教授。
出身は、東京都山形県米沢市。本名は丸山義男である。1917年(大正6年)〜1921年(大正10年)に香川県立高松工芸学校教諭を務めた。その後東京で鋳金工場を経営する。1946年(昭和21年)に東京美術学校の教授となり、34年退官し東京芸大名誉教授になる。更に東京鋳金家協会委員長も務めた。戦前は高村光雲、光太郎の原型による鋳造作品を全て手がけた。また高村豊岡作品の原型と鋳造品の製作にもたずさわった。戦前に農商務省工芸美術展や帝展、実在工芸美術展、工芸美術作家協会展などに出品した。戦後は鋳金家協会や日展に出品した。展覧会出品のほか、薬師寺東塔相輪修理、薬師寺日光菩薩修理、法隆寺金堂本尊前大卓製作などがある。また、奈良薬師寺の東塔相輪や日光菩薩の修理なども行った。1970年10月22日に狭心症のため東京都新宿区の聖母病院で死去した。当時80歳であった。

丸山不忘 の代表的な作品

  • 「法隆寺金堂本尊前大卓」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら