香取秀真かとり ほつま

  • 買取強化中
  • 帝室技芸員

香取秀真の買取

香取秀真の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

香取秀真(かとり ほつま 1874年(明治7年)1月1日‐1954年(昭和29年)1月31日)は日本の金工工芸作家、歌人。千葉県出身。
10代の頃から和歌を作り始めて「万葉集」を写して作歌を学んだ。古代への関心がますます高まり、古来からの仏像などを自らの手で作ってみたいと思うようになる。
生涯を通して意欲的に作品を作り、名実ともに鋳金の世界の第一人者として認められた。
金工史の研究にも取り組み『日本金工史』『金工史談』『日本鋳工史』など学術著書は40冊を超え、同時に多くの研究論文も残した。
また帝国美術展覧会(現在の日展)の工芸部設置では同郷の津田信夫と共に尽力。金工(金属工芸)を美術として社会的に認知させる努力を惜しまなかった。
これらの功績が認められ、1953年文化勲章を叙勲、文化功労者として賞される。
また、伊藤左千夫、長塚節らと正岡子規門下の根岸短歌会のアララギ派の歌人としても活躍した。

香取秀真の代表的な作品

  • 「八稜鏡瑞鳥文喰籠」
  • 「雷文鋳銅花瓶」
  • 「瑞鳥銅印」
  • 「霊獣文大花瓶」
  • 「笑獅子香炉」
  • 「鴛鴦文銅花瓶」
  • 「鳩香炉」
  • 「金銅獅子脚」
  • 「両耳三足香炉」
  • 「唐草文花瓶」
  • 「獅子牡丹文水盤」
  • 「獅子置物」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

香取秀真を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法