中川一匠なかがわ いっしょう

    中川一匠の買取

    中川一匠の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    中川 一匠(なかがわ いっしょう、1828-1876年)は江戸時代に活躍した日本の金工家である。

    美作国津山藩主松平家の抱え工であった中川勝継の次男として生まれる。五兵衛勝実といい、通称を直次郎といった。正阿弥勝義の実兄。


    21歳で京都の後藤一乗の門に入る。安政4年、29歳の時に師の許しを得て一勝と改めた。その後師家を辞め、津山に戻ったが中川家を弟である一的に譲る。文久元年には江戸に出て、翌2年に一匠と改名する。


    明治9年、48歳で東京で歿している。

    号名を韜雲といい、「後藤一乗門人」や「後藤法橋一乗門」などと切添えて師弟関係を明示したものがある。作風は師風をよく継承し、一乗のもとにあっては橋本一至や船田一琴らと共に師の代作の任にあったといわれている。


    年表
    1828年 生まれる
    1849年 後藤一乗の門に入る
    1857年 一勝と改名する
    1876年 逝去

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    中川一匠を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法