買取作家

豊田勝秋

とよだ かつあき

豊田勝秋 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 豊田勝秋 の作品を高く評価し買取しております。
もし 豊田勝秋 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

豊田勝秋(とよだ かつあき、1897-1972年)は、大正から昭和時代に活躍した日本の鋳金家である。9月24日に福島県久留米市に生まれる。

1915年福岡県立中学明善校を卒業。同級生に古賀春江がいた。その後東京美術学校鋳造本科に入学し、鋳造を学ぶ。1920年に東京美術学校鋳造本科を卒業。卒業後は同研究科に入り、1923年に修了。
翌年の1924年に東京高等工芸学校助教授。のち鹿児島女子短大、佐賀大各教授を務め、後進の指導を行った。1927年第8回帝展に第4部美術工芸が設けられたが、「鋳銅花盛」を出品する。以後帝展、文展、日展に出品を続ける。また、文展審査員を歴任。斯界の重鎮であった。1935年には「実在工芸美術会」の結成に参加する。

1942年に久留米に帰郷。その後は筑後市に株式会社赤坂陶園を設立や、通産省技術庁工芸指導所九州支所長等を務める。
1972年4月22日に腸疾患のため東京都小平市の昭和病院で死去した。


年表
1897年 福岡県久留米市に生まれる
1915年 福岡県立中学明善校を卒業
    東京美術学校鋳造科入学。
1920年 東京美術学校鋳造科卒業 研究科に進む
1923年 同科研究科を修了
    東京高等工芸学校金属工芸科嘱託
1924年 東京高等工芸学校助教授
1926年 工芸家団体「无型」「日本工芸美術会」の結成に参加
1927年 第8回帝展に出品
1935年 「実在工芸美術会」の結成に参加
1938年 東京高等工芸学校教授
1942年 久留米に帰郷
1948年 筑後市に株式会社赤坂陶園を設立
1949年 通産省技術庁工芸指導所九州支所長
1954年 佐賀大学教育学部教授
1968年 福岡県工芸美術作家協会会長 
    久留米連合文化会会長
1972年 死去

豊田勝秋 の代表的な作品

  • 「鋳銅花器」
  • 「四方花挿」
  • 「広間用花挿」
  • 「鋳銅壷」
  • 「鋳銅筒形花器」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら