買取作家

海野清

うんの きよし

海野清 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 海野清 の作品を高く評価し買取しております。
もし 海野清 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

海野清(うんの きよし 1884年(明治17年)11月8日-1956年(昭和31年)7月10日)は、日本の彫金家。大正から昭和時代に活躍を見せた。


東京に海野勝眠の三男として生まれる。父の海野勝眠は水戸金工の名工と言われていた。そのため、幼いころから芸術に触れ彫刻家への道に進む。


東京美術学校金工科に入学。在学中は加納夏雄に師事して彫金の基礎を学び、父からも技術を教わる。その後1911年に同校を卒業。


卒業後も技術を磨き、古典的な伝統技法を基礎に置き、その技法を更に進化させた大胆な構図及び近代的な装飾から、独自の作風を確立した。主なモチーフは草
花、鳥、獣、仏教関連など。花瓶、文具、置物などを手掛けた。


1919年には母校である東京美術学校に助教授として勤務。1932年には同校の教授として、後進の指導に励んだ。教授に就任したその直後には、フランスへ2年間の留学へ行き、古代エジプト芸術に感化。日本の伝統技術と西欧の造形などを融合させたものを創作。工芸界に新傾向を示した。


一方で、作品の発表を行い、1928年の第3回帝展では特賞を受賞。翌年から帝展審査員・新文展審査員に就任し活躍を見せた。その後も帝国芸術院会員や、日展運営会社常任理事、全日本工芸美術家協会会長、日本彫金家会会長などを務めた。


また、1943年に勲三等瑞宝章を受章した。1955年には重要無形文化財保持者に認定される。



年表
1884年 東京で生まれる
1911年 東京美術学校金工科 卒業
1919年 東京美術学校 助教授
1928年 帝展で特選 受賞
1929年 帝展審査員
    新文展審査員
1932年 東京美術学校 教授
    フランスへ留学
1943年 帰国
1943年 勲三等瑞宝賞を受賞
1955年 重要無形文化財保持者に認定

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら