買取作家

桂光春

かつら みつはる

桂光春 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 桂光春 の作品を高く評価し買取しております。
もし 桂光春 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

桂光春(かつら こうしゅん/みつはる 1871年(明治4年)‐1962年(昭和37年))は日本の彫金家。大阪府出身の明治~昭和時代に活躍。本名:米次郎
彫金家として数々の作品が日本の様々な美術館に所蔵されており、海外でも高く評価されている。
味わい深く、伝統を感じさせながらモダンさを残した独特の作風は、他の彫金家には無い趣と技術の高さが伺える。

1871年 旧幕臣の桂信行の次男として生まれる。
    幼い頃から彫金の世界に興味を持っており、
1882年 彫金家の2代・豊川光長に師事(当時10歳)。
1924年 巴里万国博に政府の依頼で掛額元祿踊の図並びに游鯉の図を出品。
1894年 明治天皇銀婚式に際し、東京市より献上の御物を師・光長と共に謹作。
1895年 東京彫工会展で受賞
1897年 15年の修行の後に独立。
1910年 英国皇帝戴冠式の際、皇室より最上の献上の純銀製金象嵌大花盛器に鳳凰の図を作る事を命じられる。
1930年 ベルギー、リエージュ万国産業博に飾皿を出品大賞牌を受賞
1936年 オランダ女王の慶事に在日オランダ人一同献上の『朧銀花瓶渓山幽煙の図』を同国公使パプスト氏より依頼を受け制作。

この他にも、日本美術協会、東京牌工会、日本金工協会の審査員をつとめ、パリ万国博覧会、シカゴ万国博覧会に出品するなど、
活躍の場は海外にまで及び、世界的にも注目される存在として活躍した。

1962年 京都葛飾区の自宅で老衰のため死去。享年91才。

桂光春 の代表的な作品

  • 「游鯉の図」
  • 「朧銀花瓶渓山幽煙の図」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら