豊川光長とよかわ みつなが

    豊川光長の買取

    豊川光長の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    豊川光長(2代) (とよかわ みつなが、1851-1923年)は、明治から大正時代に活躍した日本の彫金家である。嘉永4年1月11日に生まれる。旧姓は斎藤。通称は勇吉。号は真柳斎、白山子、夢中山人。

    15歳のという若さで柳川派の流れをくむ初代豊川光長に師事。のち養子となる。初代豊川光長は彫金家としての家元であり、卓越した技術と妥協の無い造形力で様々な作品を生み出していた。
    2代目の功績が高く彫刻界で注目をされている人物として知られている。宮内省用品などを製作した。
    養子となると本格的に彫金家として活躍をする。また、日本美術協会審査員としても活躍が見られた。
    しかし1923年9月1日の関東大震災で死去。

    豊川光長の代表的な作品

    • 「能面根付 一ツ提」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    豊川光長を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法