買取作家

月山貞一 買取強化中刀工帝室技芸員

がっさん さだかず

月山貞一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 月山貞一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 月山貞一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

月山 貞一(【初代】がっさん さだかず、1836-1918)は明治・大正時代の刀工。

月山(がっさん)は日本刀の刀工の一派。 鎌倉期から室町にかけて活躍した刀工とその一派。出羽国月山を拠点とした。その中で幕末に大坂に移住した系統が、現代まで残っており奈良県を拠点として活動している。

伝承によれば、出羽国月山の霊場に住んだ鬼王丸(鬼神太夫とも呼ばれる)を元祖とする。

以来月山のふもとでは刀鍛冶が栄え、軍勝、寛安、近則、久利などの名人を輩出した。鎌倉期から室町期にかけて、月山の銘を刻んだ刀剣は実用性の高さと綾杉肌の美しさの両面から全国に広まり、この刀工集団を「月山鍛冶」、その作品を「月山物」と呼んだ。

室町期には相州伝との技術的な交流があり、双方合作の太刀が伝わる。
出羽国山形の領主最上義光は織田信長への献上品として白鷹、馬など共に刀工月山が打った槍10本を送ったという。

また、月山の麓の慈恩寺には1555年に刀工月山俊吉により鍛造された鋳鉄草木文透彫釣燈籠が現存する。

しかし戦国時代が終わり、江戸期に入るとそれはいったん途絶えた。

そのため江戸初期以前の作品を便宜上「古月山」と呼ぶことがある。幕末、一門の弥八郎貞吉は大坂に移住。以来、月山家は、関西を拠点として作刀活動を行う。

心不全のため奈良県桜井市の済生会中和病院で死去した。享年87歳。

月山貞一 の代表的な作品

  • 「伊勢神宮式年御料太刀」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら