桂野赤文かつらの せきぶん

    桂野赤文の買取

    桂野赤文の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    桂野赤文(かつらの せきぶん 1798年(寛政1年)3月3日‐1875年(明治8年)1月14日)は日本の金工家。越後国村上出身。本名は正蔵。号は遊洛斎赤文。
    父は金工家の桂雲軒。兄の光長、弟の忠吾も金工家。

    青年になってから金工家を目指し上京。浜野某に師事し、技法を習得した。
    動物、鳥、虫の彫刻を得意としており、その中でも明鳥、猛虎は桂野の傑作とされている。
    1824年に荘内藩から召し抱えの声が掛かり、故郷に近い荘内藩を選んだ。

    桂野は髪と髭を伸ばし、変わった風貌であった。
    職人気質で、作品制作の際は一心不乱に打ち込むが、気が向かないと誰が頼んでも製作を行わなかったと伝えられている。
    桂野の偽物もかなり出回っていたが、一向に気にする様子もなかった。「俺の策が分からぬ者は偽物を持つのが分相応だ」。
    情が深く、心の広い人物であったことが伺える。
    次男の弥太郎が2代目赤文を継ぎ、弥太郎の養子である赤則が3代目赤文を名乗った。

    桂野赤文の代表的な作品

    • 「猛虎と竹」
    • 「糸瓜の図」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    桂野赤文を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法