買取作家

岡崎雪聲

おかざき せっせい

岡崎雪聲 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 岡崎雪聲 の作品を高く評価し買取しております。
もし 岡崎雪聲 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

岡崎 雪聲(おかざき せっせい 1854年2月26日) - 1921年4月16日)は、 日本の鋳造師、彫金家。彫刻家・渡辺長男は娘婿。本名は庄次郎。
山城国伏見町(京都市)に釜師の岡崎貞甫の子として生まれる。大阪で釜師として技術を習得。その後、21歳のときに上京。鋳工を学び、鋳金家の鈴木長吉に師事。



1889年、パリ万国博覧会に出品した作品が2等を受賞。また、各地の古仏像を鋳造の面から調査研究を行い、名を広めた。そのことで、後に岡倉天心の知己を得て、1890年には東京美術学校鋳金科の教師に就任。1896年には教授となる。



また、1890年の第3回内国博覧会には「鋳銅雲竜図」を出品。「鋳銅雲竜図」が2等妙技賞を受賞。1892年に制作した「執金剛神像」が1893年のシカゴ万国博覧会出品作に選ばれるなど、精力的に作品を制作。シカゴ万国博覧会には、自費で鋳造技法の調査旅行に赴く。日本美術院の設立にも参加し、香取秀真や津田信夫らの鋳金家を育てた。



また、彫金技術だけでなく、鋳造技術が高く評価されており、数多くの彫刻家の作品の鋳造に関わった。中でも皇居外苑の楠木正成像の制作の際はその巨大な像を鋳造するための技術を習得するために単身で渡米。日本初となる分解鋳造法による鋳造を行った。



作品は分解鋳造法による大型鋳造が得意とした。銅像や建築装飾などを手がるが、原型は彫刻家によることが多かった。また、鋳物師としての功績が大きい。




年表
1854年 京都府に生まれる
1889年 パリ万国博覧会に出品 2等受賞
1890年 東京美術学校鋳金科 教師
    第3回内国博覧会には「鋳銅雲竜図」を出品 2等妙技賞受賞
1893年 シカゴ万国博覧会で「執金剛神像」が出品作に選ばれる
1896年 東京美術学校鋳金科 教授
1921年 死去

岡崎雪聲 の代表的な作品

  • 「そろり形鋳銅花瓶」
  • 「青銅鐘」
  • 「日本橋装飾獅子」
  • 「西郷隆盛像」
  • 「楠木正成像」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら