買取作家

畠春斎

はた しゅんさい

畠春斎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 畠春斎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 畠春斎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

畠春斎(はた しゅんさい)-1944年(昭和19)~(当代)2代春斎。2代・3代ともに日本工芸会正会員として活躍を見せ、様々な賞を受賞している事で知られています。

慶長時代前田利長公高岡に居城の砌り河内国丹南より七人の鋳物師を招いて金屋町に御印地として移住せし内の釜屋彦兵衛の末流にて鉄瓶、茶の湯釜等製造の家業。代々伝わる技術を継承しながらも常に時代のニーズに合った斬新な感覚で釜を作り続けており、茶の湯の世界でもその名を知らない人はいないと言われるほど有名な釜師です。

畠春斎は釜師としてとても有名ですが、茶釜以外にも、鉄瓶、火鉢、花瓶なども手掛けており、これらの作品でも鋳物師として力量を発揮している事がしっかりと感じ取る事ができます。

昭和19(1944)年、銅器の町高岡市金屋町に生まれた氏は、父である先代春斎に釜造りの薫陶を受け、確かな伝統技法により常に斬新な感覚で現代の茶釜に挑戦し続けている、富山を代表する鋳物師であり、高岡鋳物の担い手として全国的に有名な作家。 

父初代畠春斎の下茶の湯釜を制作、1971年に日本伝統工芸展初入選。 以降現在まで同展を中心に出品し入選27回を数え、73年日本伝統工芸展奨励賞、78年日本伝統工芸展日本工芸会長賞を受賞。 父の歿に伴い82年に2代春斎を襲名。

印名は「春斎」 「貮代春斎」 「畠重男印」 など。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら