買取作家

高村豊周

たかむら とよちか

高村豊周 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 高村豊周 の作品を高く評価し買取しております。
もし 高村豊周 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

高村 豊周(たかむら とよちか、1890年7月1日 - 1972年6月2日)は、日本の鋳金家。金沢美術工芸大学名誉教授。日本芸術院会員。

高村光雲の三男、高村光太郎の弟として東京に生まれる。津田信夫に入門、1915年に東京美術学校鋳造科本科を卒業する。

1919年、岡田三郎助、長原孝太郎、藤井達吉らと装飾美術家協会を設立。1926年、東京美術学校助教授。同年、工芸団体・无型(むけい)を組織し、1935年、実在工藝美術会結成に参加する。帝展、新文展、日展審査員を務める。
1933年、東京美術学校教授、1949年、金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)教授、日展運営会参事、日本芸術院会員。1958年、日展理事、鋳金家協会会長。1964年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。1967年、勲三等旭日中綬章受章。
東京美術学校在学中に与謝野鉄幹・晶子夫妻に師事して短歌を学び、遺歌集も含め4冊の歌集がある。また、光太郎、高村智恵子の顕彰にも努めた。子は写真家の高村規で、光雲・光太郎らの作品鑑定も行っている。
1972年6月2日、肺炎のため東京都文京区の自宅で死去。6日、同区の吉祥寺で告別式が行われた。
2010年、METAL ART MUSEUM HIKARINOTANI(印西市)にて、「生誕120年記念 高村豊周展」が開催された(会期:2010年8月14日 - 10月17日)。

出典:Wikipedia

高村豊周 の代表的な作品

  • 「朧銀杵形花器」
  • 「朱銅まゆ花瓶」
  • 「朱銅みすぢ花入」
  • 「朧銀花入 落水賦」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら