買取作家

葛飾北斎

かつしか ほくさい

葛飾北斎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 葛飾北斎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 葛飾北斎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

葛飾北斎

葛飾北斎(かつしか ほくさい 1760年(宝暦10年)10月31日-1849年(嘉永2年)5月10日)は日本の浮世絵師。江戸時代後期に活躍し、化政文化を代表する人物のうちの一人。

姓は川上。幼名は時太郎、のちに鉄蔵。通称中島八右衛門。
幕府御用達鏡磨師であった中島伊勢の養子となったが、実子に家督を譲り、家を出る。その後、貸本屋の丁稚、木版彫刻師の従弟となって労苦を重ね、実家へ戻る。
この時、貸本の絵に関心を持ち、画家への道を歩み始める。

1778年、浮世絵師・勝川春章の門下となる。
狩野派や唐絵、西洋画などあらゆる画法を学び、名所絵(浮世絵風景画)、役者絵を多く手がけた。また黄表紙の挿絵なども描いた。
この頃用いていた号は「春朗」であるが、これは師・春章とその別号である旭朗井から1字ずつもらい受けたもの。
彼は生涯に30回と頻繁に改号しており使用した号は「春朗」「群馬亭」「北斎」「宗理」「可侯」「辰斎」「辰政(ときまさ)」「百琳」「雷斗」「戴斗」「不染居」「錦袋舎「是和斎」「三浦屋八右衛門」「百姓八右衛門」「土持仁三郎」「魚仏」「穿山甲」など。

葛飾北斎は満足に食事もとらず、家事をせず、飲酒も喫煙もしないが菓子を好み、乱れた生活を送っていた。
また、金銭に関し無頓着で、画工料が通常の倍であったが、貯えるわけでもなく部屋に放置し米屋や薪屋などが催促にくるとそのまま投げつけ、多ければ店が着服したり足りなければまた催促されたり、といい加減な金銭の扱いが貧困の一因であった。
加えて外国人、歌舞伎役者、武士とトラブルを度々起こしたが、北斎自身が横柄であるというわけではない。貧しいながらも、気位が高く富や権力では動かない人物であった。

北斎は晩年になっても画法の研究を怠らず続けていた。
「人物を書くには骨格を知らなければ真実とは成り得ない」と考え、接骨家の名倉弥次兵衛のもとに弟子入り。接骨術や筋骨の解剖学をきわめた。

葛飾北斎 の代表的な作品

  • 「北斎漫画」
  • 「百物語」
  • 「冨嶽三十六景」
  • 「千絵の海」
  • 「諸国滝廻り」
  • 「諸国名橋奇覧」
  • 「肉筆画帖」
  • 「富嶽百景」
  • 「百人一首うばが絵説」
  • 「喜能會之故眞通」
  • 「化粧美人図」
  • 「鯉と亀図」
  • 「漢武人一人立図」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら