買取作家

徳川家康

とくがわ いえやす

徳川家康 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 徳川家康 の作品を高く評価し買取しております。
もし 徳川家康 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

徳川家康(とくがわ いえやす 1543年(天文11年)12月26日-1616年(元和2年)4月17日)は戦国時代~安土桃山時代の戦国大名。

三河国の松平家8代当主である松平広忠の嫡男として生まれる。
幼名は竹千代。
江戸幕府初代征夷大将軍。
織田信長、豊臣秀吉に並んで三英傑の一人と称され、今川義元に次いで「海道一の弓取り」の異名を持つ。

幼少の頃、今川氏への人質として駿府へ送られるものの義母の父の裏切りにより、尾張国の織田信秀のもとへ送られた。
この頃に織田信長と出会ったといわれている。

2年後、今川氏は織田家との人質交換で竹千代を取り戻した。
1555年、今川氏のもと元服し次郎三郎元信と名乗り、築山御前を妻に迎える。
その後今川氏に「元」の字を返上、家康と名乗るようになった。
1560年、桶狭間の戦いで織田軍に今川義元が討たれ、その後に自立。織田信長と組んで三河を平定した。
1566年には朝廷から三河守に任命され、「徳川」に改姓。
1570年、信長を支持し姉川の戦いにて浅井、朝倉の連合軍を討ち功績をあげ、45歳まで浜松で過ごす。
1575年、三河長篠の戦い武田勝頼が敗れると徳川の勢力は拡大していった。
後に信長の命令を受け、甲斐国の武田勝頼を滅ぼし、結果三河、遠江、駿河を治める。
1582年に本能寺の変が起こると、武田の家臣達を従え、忠誠を誓わせた。

1583年、徐々に勢力を増す豊臣秀吉と長久手の戦いが勃発するも、秀吉の元へ家康の子を養子に出し和睦させた。

1600年、関ヶ原の戦いで石田三成率いる西軍に勝利。事実上の天下人となり1603年に江戸幕府を開き、以降は徳川氏の世襲とした。
1614年の大坂冬の陣、1615年の大坂夏の陣で豊臣氏を滅亡させ、徳川の時代が確実なものとなった。

1616年、駿府城にて75歳で逝去。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら