買取作家

一休宗純 買取強化中

いっきゅうそうじゅん

一休宗純 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 一休宗純 の作品を高く評価し買取しております。
もし 一休宗純 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

一休宗純

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧。大徳寺第47世住持。幼名は、千菊丸。号は狂雲子、瞎驢(かつろ)、夢閨(むけい)など。

京都に生まれ、後小松天皇の落胤とする説が有力視されている。5歳の時、政権抗争から逃れるため母・伊予の局が臨済宗安国寺に出家させた。幼くして才能を示していた一休は8歳の時に有名な「このはし渡るべからず」や、将軍義満に屏風の虎の捕縛を命じられたトンチ話を残したと言われている。
狂雲子と名のる28歳の頃、大徳寺7世の追悼法要にボロ布をまとって参列し「奇人和尚」と噂された。この頃から奇抜な行動が多く残っているが、それらは当時の仏教の権威や形骸化を批判・風刺し、仏教の伝統化や風化に警鐘を鳴らしていたと解釈されている。一説に、一休は僧でありながら刀を携えていたという。ある時、美しい塗りの鞘に入った刀を持っていたので、不思議に思った人が「なぜ刀を持っているのですか」と質問したら、一休が抜いた刀は偽物の木刀だったという。貴族のような扱いを受け高価な法衣を着て大伽藍の奥に鎮座する当時の高僧たちを刀に見立てた一休流の批判であった。一休は戒律に囚われず、野僧として清貧生活を送り、禅僧でありながら酒を呑み、女性を愛し、肉を食し、頭も剃らない。一貫して権威に反発し、庶民とともに貧困にあえぎ、笑い、禅の教えを説いた。その人間臭い生き方は、民衆の共感を呼び、生き仏と慕われ、晩年住持となった際にはその絶大な人気により大徳寺復興を成し遂げることになる。江戸時代には、一休宗純をモデルとした『一休咄』に代表される頓知咄が数多く創作される。

詩集に『自戒集』『狂雲集』『続狂雲集』、書画に『骸骨』『仏鬼軍』がある。和歌や絵を交えた法語は娯楽性に富み、禅の民衆化に功績を残したとうかがえる。
また、茶祖村田珠光の参禅の師としても著名で、珠光の茶禅一味の精神に大きな影響をあたえた。
能書家としても知られ、その書墨蹟は飄々としたなかに毅然たる禅の境地を悟らしむるものがあり、茶人の間で珍重されるなど、茶家とは切っても切れない有縁の高僧である。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

一休宗純 最新の買取実績

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら