木庵性瑫もくあんしょうとう

  • 掛軸買取
  • 禅宗美術
  • 黄檗の三筆

木庵性瑫について

木庵性瑫の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

木庵性瑫(もくあんしょうとう、1611~1684年)は、江戸時代に明から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。
俗姓は呉。福建省泉州府晋江県出身。慧明国師。

16歳で出家して開元寺の印明の門に入る。
師の隠元に続いて1655年に来日、長崎の福済寺の住持となった。
1660年に摂津国の普門寺、1661年宇治の黄檗山萬福寺に入り、隠元の法席を継ぎ萬福寺2世となる。
4代将軍徳川家綱に謁見し優遇され、江戸瑞聖寺を初め多くの寺を創建した。

1680年、黄檗山萬福寺を3世の慧林性機に譲り、山内の紫雲院に隠退。1684年死去。享年74。

多くの語録を残し、能書家としても知られ、隠元隆琦、即非如一とともに黄檗の三筆と称される。隠元の「穏健高尚な書」、木庵の「雄健円成の書」、即非の「奔放闊達な書」と評される。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

木庵性瑫を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法