買取作家

宮本武蔵 書道家水墨画

みやもと むさし

宮本武蔵 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 宮本武蔵 の作品を高く評価し買取しております。
もし 宮本武蔵 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

宮本武蔵

お持ちの宮本武蔵作品を、大切にしてくださる次のお客様へ橋渡しさせていただきます。
宮本武蔵は、安定して高い人気があり、そのため古美術永澤では宮本武蔵の作品を特に高く評価し買い取りしています。
宮本武蔵を代表する人気の作品は特に高価買取いたします。

宮本武蔵の人気の作品


禽鳥類の描写を得意としており、代表作「枯木鳴鵙図」のような静謐な中にも剣士の気迫を感じる図が人気があります。
その他にも、書状や木刀など武蔵が愛用した品などは高く評価しています。

宮本武蔵の査定のポイント


メールやLINEで画像をお送りいただければ、大体の相場をお伝えいたします。
買取については、経年の退色や、カビなどからくるシミ・しわなどを実物の状態を拝見して査定額をお出しいたします。

宮本武蔵 の代表的な作品

  • 「鵜図」
  • 「正面達磨図」
  • 「面壁達磨図」
  • 「捫腹布袋図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦葉達磨図」
  • 「野馬図」
  • 「枯木鳴鵙図」
  • 「周茂叔図」
  • 「遊鴨図」
  • 「布袋図」
  • 「布袋観闘鶏図」

古美術永澤より~ 宮本武蔵の買取について

宮本武蔵の掛軸や巻物は本物であれば高額買取が期待できます。
宮本武蔵は、武士としての生き方に人気があり、その書画のコレクターの方も多くいらっしゃいます。 古美術永澤では武蔵の掛軸の高額買取の実績も数多くあります。
宮本武蔵の作品をお持ちでしたら、ぜひ一度査定をお申し付け下さい。
すでに鑑定を取得されている場合はかならず一緒にお見せいただけますようお願いいたします。
状態などを拝見してできる限りの高額で買い取りさせていただきます。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

宮本 武蔵(みやもと むさし)は、江戸時代初期の剣術家、兵法家、芸術家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。

京都の兵法家・吉岡一門との戦いや、巌流島での佐々木小次郎との決闘が後世、演劇、小説、様々な映像作品の題材になっている。兵法書の『五輪書』は武蔵野代表的な著作であり、剣術の奥義をまとめたといわれている。寛永20年(1643年)から死の直前の正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で執筆されたといわれているが、武蔵野死後に弟子が創作したという説もあり定かではない。外国語にも翻訳され出版されている。

巖流島の決闘など剣術家として有名な武蔵だが、他方で禅に親しみ、書画などの芸術分野でも優れた才能を発揮している。
国の重要文化財に指定された『鵜図』『枯木鳴鵙図』『紅梅鳩図』をはじめ、『布袋観闘鶏図』『正面達磨図』『盧葉達磨図』『盧雁図屏風』『野馬図』など水墨画を主とする。南宋の梁楷の減筆体や海北友松を学び、剣客らしい覇気に満ちた筆法で描かれている。
書には「長岡興長宛書状」(八代市立博物館蔵)、「有馬直純宛書状」(吉川英治記念館蔵)、「独行道」(熊本県立美術館蔵)「戦気」(松井文庫蔵)が真作と認められている。
その他に茶道や詩歌もよくし、鞍・木刀などの工芸品が各地の美術館に収蔵されている。

本姓は藤原氏、名字は宮本、または新免。幼名は辨助(べんのすけ)、通称(百官名)は武蔵、諱は玄信(はるのぶ)。号は二天、また二天道楽。水墨画については二天の号を用いたものが多い。著書『五輪書』の中では新免武蔵守・藤原玄信と名乗っている。

熊本市弓削の墓碑は「新免武蔵居士」、養子・宮本伊織が武蔵の死後9年目の承応3年(1654年)に建てた『新免武蔵玄信二天居士碑』には「播州赤松末流新免武蔵玄信二天居士」とある。

武蔵死後71年目の『本朝武芸小伝』(1716年)で政名なる名が紹介された。これを引用した系図や伝記、武蔵供養塔が広く紹介されたことから諱を「政名」とする武蔵の小説や紹介書が多数あるが、二天一流門弟や小倉宮本家の史料にこの「政名」は用いられていない。逆に史的信頼性が完全に否定された武蔵系図等で積極的に用いられている。

武蔵に関わる伝説や物語は、すでに江戸時代から脚色され歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材となっていた。有名な浮世絵では歌川国芳画『宮本武蔵の鯨退治』がある。

宮本武蔵 最新の買取実績

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら