蘭渓道隆らんけいどうりゅう

  • 掛軸買取
  • 禅僧美術

蘭渓道隆の買取

蘭渓道隆の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

蘭溪道隆(らんけい どうりゅう、1213~1278年)は、鎌倉時代中期に南宋から渡来した禅僧。大覚禅師。涪州涪陵県蘭渓邑(現在の重慶市涪陵区藺市鎮)の出身。大覚派の祖。無明慧性の法嗣、建長寺を開山。

1246年(寛元4年)33歳のとき、渡宋した泉涌寺の僧月翁智鏡との縁により、弟子とともに来日。筑前円覚寺・京都泉涌寺の来迎院・鎌倉寿福寺などに寓居ののち執権北条時頼の帰依を受けて鎌倉に招かれ、1253年(建長5年)建長寺開山。宋風の本格的な臨済宗を広めた。
この法流は大覚派または建長門徒と呼ばれ、日本禅宗24流の一つ。

蒙古襲来(元寇)の際、元からの密偵の疑いをかけられ、甲州や奥州の松島、伊豆国に移された。
のち京都建仁寺・寿福寺・鎌倉禅興寺などの住持となり、一時、讒言により甲斐国に配流され、東光寺などを再興したが、再び建長寺にもどり、1278年(弘安元年)同寺で没した。

建長寺の「絹本淡彩蘭渓道隆像」は、蘭渓道隆58歳のときの頂相(ちんぞう:禅僧の肖像画)で文永1271年の自賛がある。当時、師が弟子の僧侶に「お墨付きを与える」という意味で、自賛の肖像画を与える習慣があった。「蘭渓道隆像」は国宝に指定されている。

蘭溪道隆は南宋の張即之の書風を能くした。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

蘭渓道隆を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法