買取作家

千利休

せんのりきゅう

千利休 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 千利休 の作品を高く評価し買取しております。
もし 千利休 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日(1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての茶人。宗易。長男に眠翁道安、次男で養子の少庵宗淳(千少庵)がある。

大永2年(1522)、和泉国堺の今市町で父田中与兵衛、母月岑妙珎との間に生まれる。貿易で栄える堺は京に匹敵する文化の発信地であり、その繁栄は商人によって支えられていた。利休の家は魚問屋を営み、堺でも有力な町衆の一家であった。
利休は十七歳の時に北向道陳に書院の茶を学び、武野紹鴎からわび茶を学んだ。紹鴎が確立した草庵の茶の湯、そして禅の要素を取り入れた茶禅一味の思想は、利休だけでなく当時の茶人たちに大きな影響を与えることになる。

16世紀末、茶の湯は堺を中心として大いに流行。有力商人たちは、新しい茶の湯を享受し、名物とされる茶器を蒐集するようになる。その頃、天下統一に向けて、その勢力が隆盛をむかえつつあった信長は、茶の湯の流行に着目し、自身も数寄大名として茶の湯を嗜むようになり、天正元年頃には利休は信長のもとに仕えていたと思われる。信長は「御茶湯御政道」と称して茶の湯を正式な武家儀礼として位置づけ、特定の家臣にのみ茶の湯を許可した。茶の湯に政治的権威が与えられるようになった由来である。本能寺の変で信長が没すると、その後天下人となった豊臣秀吉も茶道に熱心であったため、その茶堂となり、利休の名が天下に知られることになる。多くの武将が茶の湯を嗜み、蒲生氏郷、古田織部、細川忠興など後に「利休七哲(十哲)」と呼ばれる大名たちが利休に師事するようになる。また、当時の大友宗麟の書状には「内々の儀は宗易、公の儀は宰相存じ候」とあり、利休が秀吉の側近として政治的な役割をも担っている様子がうかがえる。秀吉の政権内で利休の権威が絶大なものであったのは想像に易い。
この頃、利休は堺から京に移り、大徳寺門前に屋敷を構え、茶室「不審菴」を建てる。天正13年、秀吉の関白就任を記念して行われた禁裏茶会において、正親町天皇に茶を献上した秀吉の後見役をつとめる。この時、利休は正親町天皇より「利休居士号」を下賜され、名実ともに天下一の宗匠としての地位を確立した。それから4年の後、密接な関係にあった秀吉との確執により、突然その生涯に幕を閉じる。六十九歳であった。利休切腹に至る深層については諸説あるが未だ定まってはいない。

千利休 の代表的な作品

  • 「孤舟載月」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら