買取作家

東洲斎写楽

とうしゅうさい しゃらく

東洲斎写楽 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 東洲斎写楽 の作品を高く評価し買取しております。
もし 東洲斎写楽 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

東洲斎写楽

東洲斎 写楽(とうしゅうさい しゃらく、とうじゅうさい しゃらく、生没年不詳)は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師である。作画期間が1794年から1795年の間のわずか10ヵ月間と推定される。この短い期間に140種前後の役者絵や若干の相撲絵などの作品を版行したのち、忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師として知られている。
その出自や経歴については様々な研究が行われている。現在では斎藤十郎兵衛が住んでいた場所とモチーフとしてよく描いていた背景が近い場所であった事や、東洲斎写楽という名前が「さい・とう・じゅう」とアナグラムになる事などから、阿波徳島藩主蜂須賀家のお抱え能役者・斎藤十郎兵衛と同一人物だという説が有力である。しかし、依然として謎は多く、いまだに確証となる史料が出現しない。そのため、いずれの説も定説化されるには至っていない。

寛政6年(1794年)5月に刊行された雲母摺、大判28枚の役者の大首絵は、デフォルメを駆使し、目の皺や鷲鼻、受け口など顔の特徴を誇張してその役者が持つ個性を大胆かつ巧みに描いている。また表情やポーズもダイナミックに描いたそれまでになかったユニークな作品であった。作品は主観的で特異な画風のため長く評価されなかったが,明治末期から役者似顔絵の極致を示すものとして重要視され世界的に有名になった。

役者絵は基本的に画中に描かれた役者の定紋や役柄役処などからその役者がその役で出ていた芝居の上演時期が月単位で特定できる。これにより作画時期を検証することが現在の写楽研究の主流である。
写楽作品はすべて蔦屋重三郎の店から出版された。その絵の発表時期は4期に区分されている。第1期が寛政6年(1794年)5月であり、28図の大版の役者大首絵である。
第2期が寛政6年7月・8月。二人立ちの役者全身像7枚、楽屋頭取口上の図1枚、細絵30枚。細判を中心に役者の全身像を表すという既往の形式の役者絵へと主たる活躍の場を移した。結果的には歌川豊国や勝川春英らライバル絵師の描く美化された似顔絵に敗北を喫したものと考えられている。

第3期が寛政6年11月・閏11月。顔見世狂言を描いたもの44枚、間版大首絵10枚、追善絵2枚。
第4期が寛政7年(1795年)1・2月とされる。春狂言を描いたもの10枚、相撲絵2枚。後になるほど急速に力の減退が認められ、精彩を欠き、作品における絵画的才能や版画としての品質は劣っている。

前期(1、2期)と後期(3、4期)で別人とも思えるほどに作風が異なることから、前期と後期では別人が描いていた、またあまりに短期間のうちに大量の絵が刊行されたことも合わせて工房により作品が作られていたとする説もある。

東洲斎写楽 の代表的な作品

  • 「市川鰕蔵の竹村定之進」
  • 「二代目瀬川富三郎の大岸蔵人の妻やどり木」
  • 「二代目嵐龍蔵の金貸石部金吉」
  • 「三代目佐野川市松の祇園町の白人おなよ」
  • 「松本米三郎のけはい坂の少将実はしのぶ」
  • 「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」
  • 「四代目岩井半四郎の乳人重の井」
  • 「初代谷村虎蔵の鷲塚八平次」
  • 「岩井喜代太郎の鷺坂左内妻藤波と坂東善次の鷲塚官太夫妻小笹」
  •  「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」
  • 「三代目瀬川菊之丞の傾城かつらぎ」
  • 「二代目嵐龍蔵の不破が下部浮世又平」
  • 「八代目森田勘弥の由良兵庫之介信忠」
  • 「天王寺屋里好」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら