買取作家

河東碧梧桐

かわひがし へきごとう

河東碧梧桐 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 河東碧梧桐 の作品を高く評価し買取しております。
もし 河東碧梧桐 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。愛知県出身。

1888年(明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学。

1889年(明治22年)、帰郷した子規に野球を教わったことがきっかけで、同級生の高濱清(後の高浜虚子)を誘い子規より俳句を学ぶ。

1893年(明治26年)、京都の第三高等学校入学。第二高等学校(現在の東北大学)に編入の後、中退。

1902年(明治35年)に子規が没すると、新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。

1905年(明治38年)頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走り始める。

1906年(明治39年)より1911年(明治44年)にかけて新傾向俳句の宣伝のため二度の全国俳句行脚を行う。

1933年(昭和8年)3月25日、還暦祝賀会の席上で俳壇からの引退を表明した。

1937年(昭和12年)1月、腸チフスを患い、更に敗血症を併発し、2月1日、死去。享年65(満64歳)。

碧梧桐と虚子は「子規門下の双璧」と謳われ、青年期には厚い友誼を結んでいたが、芸術面では守旧派として伝統的な五七五調を擁護する虚子とは激しく対立していた。

新傾向俳句から更に進んだ定型や季題にとらわれず生活感情を自由に詠い込む自由律俳句誌『層雲』を主宰する荻原井泉水と行動を共にした。

しかし、1915年(大正4年)には井泉水と意見を異にし、層雲を去っている。碧梧桐はその年の3月、俳誌『海紅』を主宰。

更にこれも中塚一碧楼に譲る。昭和初期に風間直得が漢語にフリガナ(ルビ)を振るルビ俳句を試作、これに賛同した碧梧桐もこれを作るようになるが、これは支持を得られなかった。

引退については「俳句創作への情熱の衰え」と「虚子への抗議」の意味が込められていた。

子規は、碧梧桐と虚子について「虚子は熱き事火の如し、碧梧桐は冷やかなる事氷の如し」と評していた。

河東碧梧桐 の代表的な作品

  • 「八年間」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら