買取作家

勝海舟

かつ かいしゅう

勝海舟 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 勝海舟 の作品を高く評価し買取しております。
もし 勝海舟 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

勝海舟/勝安芳(かつ かいしゅう/かつ やすよし は1823年(文政6年)1月30日-1899年(明治32年)1月19日)は日本の武士、政治家。江戸時代末期、幕末から、明治時代初期に活躍。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。家紋は丸に剣花菱。
「幕末の三船」と呼ばれた(山岡鉄舟、高橋泥舟)
幼名は麟太郎。諱は義邦。明治維新後、武家官位の安房守にならって改名し、安芳となった。
号は海舟。佐久間象山の書「海舟書屋」からとったもの。
父は旗本、勝小吉。母は勝元良の娘である信。又従兄に幕末の剣客の男谷信友。

幼い頃から、幕末の三剣士と呼ばれた江戸後期の剣客・島田虎之助に剣術と禅を学び、直心影流剣術の免許皆伝。
また、父の実家である男谷の親類の阿茶局の紹介で、江戸幕府11代将軍の徳川家斉の孫の初之丞(12代将軍徳川慶喜の5男。のちの一橋慶昌)の遊び相手として江戸城へ出向いていた。

父の隠居により16歳で家督を継ぎ1845年から永井青崖から蘭学を学び、私塾「氷解塾」を開いた。
また、窪田清音の門下生の若山勿堂から兵学・山鹿流を学んだ。

1853年ペリーが来航。開国を要求されると幕府は、幕府の実の判断で鎖国を破ることをせず、意見書を幕臣、諸大名だけでなく町人に至るまで幅広く募集した。
これに提出した勝海舟の意見書が当時の幕府老中首座の阿部正弘の目に留まり認められ、のちに長崎海軍伝習所に入所した。
このころ、後の勝海舟の大きな影響となった薩摩藩主・島津斉彬と出会う。

1860年、日米修好通商条約の批准書を交換するため、遣米使節を幕府が派遣。新見正興、村垣範正、小栗忠順らがアメリカ海軍の船、ポーハタン号で太平洋を横断し、アメリカ・サンフランシスコに派遣され、その護衛という名目で咸臨丸も同じく渡米した。
咸臨丸には勝海舟のほかに、軍艦奉行の木村喜毅、佐々倉桐太郎、鈴藤勇次郎、小野友五郎らが乗船。また、米海軍の測量船の船長のジョン・ブルック大尉、通訳のジョン万次郎、福沢諭吉も同船した。全日数140日であった。

以降、軍艦奉行に昇進するも政治構想をことごとく否定されぶく府に対して不満を抱いていた。禁門の変が発生し、幕府が勢いづいてくるにつれ、勝海舟の立場はますます悪くなっていき、軍艦奉行を罷免され、約2年巻の蟄居生活を送ることとなる。
この時期に西郷隆盛と出会い、西郷が大久保利通に勝海舟を称賛する手紙を宛てた。

また、戊辰戦争の開始や鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗北。幕府は勝海舟を呼び戻し軍事総裁となった。早期停戦、江戸城無血開城を主張し見事成功させた。
明治維新後、伯爵に叙される。
1888年に始まった大日本帝国憲法制定時には顧問官として出席していたものの一貫して沈黙を貫いていた。これは、伊藤博文ら作成者が外国の法律を丸写しする意図がなく、なおかつ日本の風習に合わせて修正すべきという自身の考えと一致すると判断したからである。
晩年は、政府からの依頼で資金援助を受け『吹塵録』(江戸時代の経済制度大綱)、『海軍歴史』、『陸軍歴史』、『開国起源』、『氷川清話』などの執筆・口述・編纂に当たる。
一方で旧幕臣たちによる「徳川氏実録」の編纂計を向山黄村を使い妨害した。
この記述を理解できなかった者たちからは「氷川の大法螺吹き」と詰られ、子どもたちの不幸に悩まされ孤独な晩年であった。
1899年、脳出血により意識不明となり死去。享年75歳。
最後の言葉は「これでおしまい」であった。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら