買取作家

尾崎紅葉

おざき こうよう

尾崎紅葉 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 尾崎紅葉 の作品を高く評価し買取しております。
もし 尾崎紅葉 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

尾崎 紅葉(おざき こうよう、1868年1月10日(慶応3年12月16日) - 1903年(明治36年)10月30日)は、日本の小説家。本名、徳太郎。「縁山」「半可通人」「十千万堂」「花紅治史」などの号も持つ。

1885年(明治18年)、山田美妙らと硯友社を設立し「我楽多文庫」を発刊。

「二人比丘尼 色懺悔」で認められ、「伽羅枕」「多情多恨」などを書き、幸田露伴と並称され(紅露時代)明治期の文壇の重きをなした。

1897年(明治30年)から「金色夜叉」を書いたが、未完のまま没した。泉鏡花、田山花袋、小栗風葉、柳川春葉、徳田秋声など、優れた門下生がいる。

俳人としても角田竹冷らとともに、秋声会を興し正岡子規と並んで新派と称された。

紅葉の作品は、その華麗な文章によって世に迎えられ、欧化主義に批判的な潮流から、井原西鶴を思わせる風俗描写の巧みさによって評価された。

しかし一方では、北村透谷のように、「伽羅枕」に見られる古い女性観を批判する批評家もあった。

国木田独歩は、その前半期は「洋装せる元禄文学」であったと述べた。

山田美妙の言文一致体が「です・ます」調であることに対抗して、「である」の文体を試みたこともあったが、それは彼の作品の中では主流にはならなかった。

ただし、後年の傑作「多情多恨』」では、言文一致体による内面描写が成功している。

紅葉は英語力に優れ、イギリスの百科事典『ブリタニカ』を内田魯庵の丸善が売り出したときに、最初に売れた3部のうちのひとつは紅葉が買ったものだったという。

死期が近かった紅葉にとっては入荷待ちの時間が惜しかったようで、センチュリーの購入は紙幣で即決した。

その英語力で、英米の大衆小説を大量に読み、それを翻案して自作の骨子としてとりいれたものも多い。晩年の作「金色夜叉」の粉本として、バーサ・クレイの「女より弱きもの」が堀啓子によって指摘された。

尾崎紅葉 の代表的な作品

  • 「浴女」
  • 「受洗を謳う」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら