買取作家

泉鏡花

いずみ きょうか

泉鏡花 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 泉鏡花 の作品を高く評価し買取しております。
もし 泉鏡花 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

泉 鏡花(いずみ きょうか、1873(明治6年)11月4日-1939年(昭和14年)9月7日)は、明治から昭和時代に活躍した日本の小説家。本名、鏡太郎。
石川県金沢市下新町に生まれる。父清次は加賀藩細工方の流れを汲む彫金・象眼細工師。母鈴は加賀藩太鼓師中田万三郎豊喜の末娘。


1880年に市内養成小学校に入学。1883年に母親を亡くす。幼心に深い傷を受ける。この母を思う感情は品の主要なテーマの一つとなる。


1884年に金沢高等小学校に進学。翌年、日本基督一致教会の北陸英和学校に編入。英語を学ぶが、1887年に退学。1889年に尾崎紅葉の『二人比丘尼 色懺悔』を読み、文学に志す。同年、上京。


上京後の1891年に尾崎紅葉の門下生となる。1893年には、京都日出新聞に真土事件を素材とした処女作「冠弥左衛門」を発表。同年。「活人形」や「金時計」を発表するが、脚気療養のため一時帰郷。後に帰京する。


1894年父が逝去し、再び帰郷。祖母や弟を抱え生活苦を味わうこととなる。翌年、「夜行巡査」や「外科室」を当時最大の文芸誌であった文芸倶楽部に発表、一躍新進作家として脚光を浴び、観念小説の作家として認められた。
「照葉狂言」の連載や「高野聖」、「袖屑風」など、立て続けに浪漫的・幻想的な作品を発表。師紅葉を超えるほどの人気作家の地位を獲得する。


1902年に胃腸病のため逗子に静養。翌年、師である尾崎紅葉が急逝。その後も作品の発表を続け、数多くの作品を残した。


1939年に自身最後の小説である「縷紅新草」を発表。同年9月7日に死去。


幻想的で神秘幽玄、鬼気等の雰囲気を醸し出す文章。また、女性の伝統的な精神美や形態の美を精緻な描写で、その小説・戯曲は文学界だけでなく、映画界や演劇界に現在でも大きな影響を及ぼし、川端康成や三島由紀夫らにも影響を与えた。




年表
1873(明治6)年 石川県に生まれる
1880(明治13)年 市内養成小学校 入学
1883(明治16)年 母親を亡くす
1884(明治17)年 金沢高等小学校 進学
1885(明治18)年 北陸英和学校 入学
1887(明治20)年 北陸英和学校 退学
1889(明治22)年 上京
1891(明治24)年 尾崎紅葉の門下生となる
1893(明治26)年 京都日出新聞に「冠弥左衛門」を連載
「活人形」「金時計」発表
1894(明治27)年 父親と死別 帰郷
1895(明治28)年 「夜行巡査」「外科室」を連載
1896(明治29)年 読売新聞「照葉狂言」を連載
1900(明治33)年 「高野聖」発表
1902(明治35)年 胃腸病のため逗子で静養
1907(明治40)年 「婦系図」発表
1919(大正8)年 「由縁の女」を婦人画報に連載
1937(昭和12)年 「薄紅梅」を連載
          帝国芸術院会員
1939(昭和14)年 最後の小説「縷紅新草」を発表
       死去
1973(昭和48)年 泉鏡花文学賞が制定
1999(平成11)年 泉鏡花記念館が開館

泉鏡花 の代表的な作品

  • 「照葉狂言」
  • 「婦系図」
  • 「歌行燈」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら