買取作家

志賀直哉

しが なおや

志賀直哉 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 志賀直哉 の作品を高く評価し買取しております。
もし 志賀直哉 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

志賀直哉(しがなおや、1883年2月20日-1971年10月21日)は、白樺派を代表する小説家。宮城県出身。

2歳で東京に父と移り、祖母に育てられる。学習院初等科、中等科、高等科を卒業し、東京帝国大学文学部英文学科入学する。1900年から7年間、内村鑑三に師事したが霊肉の相克に悩み、キリスト教を離れた。国文学科に転じるも大学を中退。資金力があったため学習院の頃からお金を持った友人と親しくしており、遊び歩いていた。

学習院中等科在学中には、後に第一次世界大戦で日本人唯一のエースパイロットとなる一級下の滋野清武に、有島生馬や松方義輔と共に暴力行為をしていた。1956年の随筆「人を殴った話」の中で、清武を「兎に角、妙に人に好かれぬ男だった」と語る。

1915年、柳宗悦に勧められ千葉県我孫子市の手賀沼の畔に移住。この後1923年まで住んでおり、同じ時期に我孫子市に移住したバーナード・リーチや武者小路実篤と親しくしている。1949年、親交を深めていた谷崎潤一郎と共に文化勲章受章。後半生においても、多くの知識、文化人と交流があり、動静は残された多くの日誌や書簡に残されている。

戦後間もなくの頃、フランス語が「論理的な言語」「世界中で一番いい言葉、一番美しい言語」であるとし公用語にすべきとの主張をした。戦後は渋谷常盤松に移住。晩年は執筆が減っているが、文学全集類に監修で多く名を出している。1971年に肺炎と老衰により関東中央病院で死去。享年88歳。濱田庄司制作の骨壺に遺骨が納められ、青山霊園に葬られた。しかし1980年に盗難に遭って以来行方不明となっている。

志賀直哉 の代表的な作品

  • 「暗夜行路」
  • 「和解」
  • 「小僧の神様」
  • 「城の崎にて」出典:Wikipedia

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら