買取作家

武者小路実篤

むしゃのこうじ さねあつ

武者小路実篤 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 武者小路実篤 の作品を高く評価し買取しております。
もし 武者小路実篤 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

武者小路実篤

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、日本の小説家・劇作家・詩人・画家。貴族院勅選議員である。
姓の武者小路は本来「むしゃのこうじ」と読むが、後に「むしゃこうじ」へ読み方を変更した。しかし、「むしゃのこうじ」ですでに一般に普及しており、本人も誤りと糺すことはなかったという。仲間からは「武者」(ムシャ)の愛称で呼ばれていた。
出身は東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)。藤原北家の支流、閑院流の末裔で江戸時代以来の公卿の家系である武者小路家の父、武者小路実世(さねよ)子爵と勘解由小路家(かでのこうじけ)出身の母、秋子(なるこ)の第8子である。
1891年(明治24年)に学習院初等科へ入学。得意科目は朗読と数学で体操と作文が苦手であった。中等学科6年次に、留年していた2歳年上の志賀直哉と親しくなる。同高等学科時代は、トルストイに傾倒し、仏典や聖書なども読んでいた。1906年(明治39年)には東京帝国大学哲学科社会学専修に入学する。1907年(明治40年)に学習院の時代から同級生であった木下利玄や志賀直哉らとつくった「十四日会」で創作活動をした。同年に東大を中退。翌年1908年には処女作品集である『荒野』を自費出版した。1910年(明治43年)には有島生馬、志賀直哉、有島武郎らと文学雑誌『白樺』を創刊した。彼らはこれに因んで白樺派と呼ばれることとなった。また、実篤は白樺派の思想的な支柱となった。1913年(大正2年)に竹尾房子と結婚し、1916年(大正5年)には、柳宗悦や志賀直哉が住んでいた現在の千葉県我孫子市に移住した。理想的な調和社会と階級闘争の無い世界という理想郷の実現を目指し、1918年(大正7年)に宮崎県児湯郡木城村にて「新しき村」を建設。但し実篤は、1924年(大正13年)に離村したため、村に居住せずに会費のみを納める村外会員となった。よって実際に村民だったのはわずか6年である。なお、この両村は現存する。
1922年(大正11年)に房子と離婚をして、飯河(いごう)安子と再婚。しかし翌年の関東大震災で生家が焼失。『白樺』も終刊となってしまった。この頃からスケッチや淡彩画を描くようになり、また油絵も描いた。1929年(昭和4年)には日本橋・丸善で個展も開き、執筆依頼がほとんどない「失業時代」であったが、トルストイ、井原西鶴、二宮尊徳、大石良雄、一休、釈迦などの伝記小説を多く執筆した。

武者小路実篤 の代表的な作品

  • 「荒野」
  • 「お目出たき人」
  • 「罪なき罪」
  • 「わしも知らない」
  • 「世間知らず」
  • 「その妹」
  • 「不幸な男」
  • 「幸福者」
  • 「友情」
  • 「人間万歳」
  • 「或る男」
  • 「愛慾」
  • 「母と子」
  • 「棘まで美し」
  • 「愛と死」
  • 「大東亜戦争私観」
  • 「真理先生」
  • 「馬鹿一」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

武者小路実篤 最新の買取実績

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら