買取作家

正岡子規

まさおか しき

正岡子規 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 正岡子規 の作品を高く評価し買取しております。
もし 正岡子規 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

正岡 子規(まさおか しき、1867年(慶応3年9月17日)10月14日 - 1902年(明治35年)9月19日)は
日本の近代文学に大きな影響を及ぼした、明治時代に活躍した男性の俳人、歌人、国語学研究科である。
名は常規(つねのり)といい、幼名は処之助(ところのすけ)である。
後に升(のぼる)と改めた。

正岡子規は伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)にて父の松山藩士正岡常尚と母の八重の間に長男として出生した。
幼い頃は漢詩や戯作、軍談、書画などに興味を持ち、友人と回覧雑誌を作成したり、
試作会を開いた。また自由民権運動の影響を受けるなどもし、政談にも熱中した。
一度は帝国大学哲学科に進学したが、文学に興味を持ったことにより、国文科に転科した。
この頃から号を「子規」として句作を行った。
その後大学を中退し、1892年に新聞「日本」の記者となり、家族と共にそこを文芸活動の拠点とした。
翌年1893年には「獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)」を連載し、俳句の革命運動を開始した。
1894年夏の日清戦争では、1895年4月に従軍記者として遼東半島に渡ったものの、上陸2日後に下関条約が調印され、帰国した。
しかし、船中で喀血して重態に陥り、神戸病院に入院。この時喀血したことから、「鳴いて血を吐く」と言われるホトトギスと自分を重ねて、ホトトギスの漢字表記である「子規」を自分の俳号とした。
また、1897年には俳句雑誌「ホトトギス」(ほとゝぎす)を創刊した。
この雑誌は、俳句分類や与謝蕪村などを研究し、俳句の世界に大きな影響を及ぼした。

正岡子規は雅号を「子規」の他に、「獺祭書屋主人」、「竹の里人」、「香雲」、「地風升」、
「越智処之助(おち ところのすけ)」などを用いた。
さらに随筆「筆まかせ」の「雅号」にて54種類の号を用いていることを明かし、他にも多くのペンネームが用いられているとされている。
また、正岡子規の幼名である「升(のぼる)」と自身が野球をしていたことから、
「野球(のぼーる)」という雅号を用いたこともある。
正岡子規は1902年9月に息を引き取り、満34歳であった。
現在は、東京都北区田端の大龍寺に眠る。

正岡子規 の代表的な作品

  • 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」
  • 「松山や秋より高き天主閣」
  • 「鶏頭の十四五本もありぬべし」
  • 「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」
  • 「いちはつの花咲きいでて我目には今年ばかりの春行かんとす」
  • 「足たたば不尽の高嶺のいただきをいかづちなして踏み鳴らさましを」
  • 「墨汁一滴」
  • 「病床六尺」
  • 「仰臥漫録」
  • 「漢詩人子規 俳句開眼の土壌 」
  • 徐前 「漱石と子規の漢詩 対比の視点から」
  • 清水房雄 「子規漢詩の周辺」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら