買取作家

与謝野鉄幹

よさの てっかん

与謝野鉄幹 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 与謝野鉄幹 の作品を高く評価し買取しております。
もし 与謝野鉄幹 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

与謝野 鉄幹(よさの てっかん)

・1873年(明治6年)2月26日~1935年(昭和10年)3月26日63歳
・日本の歌人
・本名は与謝野 寛(よさの ひろし)鉄幹は号で与謝野晶子の夫としても有名である。
・慶應義塾大学教授。文化学院学監。
・京都府左京区出身

経歴

与謝野礼厳尚?の四男として生まれる。父・礼厳は西本願寺支院、願成寺の僧侶であった。
礼厳は庄屋の細見儀右衛門の次男として生まれたが、京都府与謝野町字温江出身ということから、明治の初めより与謝野姓を名乗るようになったと言われている。母は初枝、京都の商家の出である。
明治6(1873)年、礼厳の四男として京都市岡崎に生まれました。本名寛。短歌の革新を唱え、
明治27(1894)年に歌論「亡国の音」を発表。明治32(1899)年に「新詩社」を設立し、翌年にはその機関誌である「明星」を創刊し、
日本浪漫主義運動を主導しながら北坂白秋や石川啄木などの逸材を世に送り出しました。作風は質実剛健で、「ますらおぶり」として知られています。



1883年(明治16年)、大阪府住吉郡の安養寺の安藤秀乗の養子となる。
1889年(明治22年)、西本願寺で得度の式をあげた後、山口県徳山町(現在の周南市)の兄・赤松照幢の寺に赴き、その経営になる徳山女学校の教員となり、
同寺の布教機関紙『山口県積善会雑誌』を編集。
1890年(明治23年)鉄幹の号をはじめて用いた。
1891年(明治24年)養家を離れ与謝野姓に復した。
徳山女学校では国語の教師を4年間勤めるも、女子生徒(浅田信子)との間に問題を起こしてしまい、退職した。
このとき女の子が生まれたが、その子は間もなく死亡している。次いで別の女子生徒、林滝野と同棲して一子・与謝野萃(あつむ)を儲けた。
1892年(明治25年)、徳山女学校を辞して京都へ帰る。11月ごろ上京して、落合直文の門に入る。
1894年(明治27年)、短歌論『亡国の音』を発表。
1896年(明治29年)出版社明治書院の編集長となる。かたわら跡見女学校で教えた。同年7月、歌集『東西南北』、
1897年(明治30年)、歌集『天地玄黄』を世に出す。その質実剛健な作風は「ますらおぶり」と呼ばれた。
1899年(明治32年)、東京新詩社を創立。同年秋、最初の夫人浅田信子と離別し林滝野と同棲し、麹町区に住む。
1900年(明治33年)、『明星』を創刊した。北原白秋、吉井勇、石川啄木などを見出し、日本近代浪漫派の中心的な役割を果たした。
しかし、当時無名の若手歌人であった鳳晶子(のち鉄幹夫人)との不倫が問題視される。文壇照魔鏡なる怪文書で様々な誹謗中傷が仕立て上げられたが、
晶子の類まれな才能を見ぬいた鉄幹は、晶子の歌集『みだれ髪』作成をプロデュースし、妻・滝野と離別、1901年(明治34年)晶子と再婚し六男六女の子宝に恵まれた。
鉄幹と離婚した滝野はのちに正富汪洋と再婚した。
1901年(明治34年)8月、『みだれ髪』刊行。その名声は高く、『明星』における指標となる。同時に『明星』の隆盛のきっかけともなった。
1908年(明治41年)『明星』は第100号をもって廃刊する。
その後の鉄幹は極度の不振に陥る。
1911年(明治44年)、晶子の計らいでパリへ行く。のち晶子も渡仏、フランス国内からロンドン、ウィーン、ベルリンを歴訪する。だが、創作活動が盛んとなったのは晶子の方で、
鉄幹は依然不振を極めていた。再起を賭けた労作、訳詞集『リラの花』も失敗するなど、栄光に包まれる妻の陰で苦悩に喘いだ。
1915年(大正4年)の第12回総選挙に故郷の京都府郡部選挙区から無所属で出馬したが、落選した。
1919年に慶應義塾大学文学部教授に就任、
1932年まで在任し、水上滝太郎、佐藤春夫、堀口大学、三木露風、小島政二郎らを育てた。
1921年(大正10年)に建築家・西村伊作、画家・石井柏亭そして妻・晶子らとともにお茶の水駿河台に文化学院を創設。同じ頃、第二次『明星』を創刊し、「日本語原考」などを発表する。
1922年(大正11年)の森鴎外の死は、鉄幹にとって有力な庇護者を失うに等しい打撃であった。
1927年(昭和2年)に『明星』が再び廃刊となるが、
1930年(昭和5年)に雑誌『冬柏』を創刊。
1932年(昭和7年)、第一次上海事変に取材した「爆弾三勇士の歌」の毎日新聞による歌詞公募に応じ、一等入選を果たした。
1935年(昭和10年)、気管支カタルがもとで死去。晶子は「筆硯煙草を子等は棺に入る名のりがたかり我れを愛できと」という悲痛な追悼の歌を捧げた。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら