買取作家

岡倉天心

おかくら てんしん

岡倉天心 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 岡倉天心 の作品を高く評価し買取しております。
もし 岡倉天心 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

岡倉 天心(おかくら てんしん 1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、日本の思想家・文人。本名岡倉覚三。
横浜に福井藩士・岡倉覚右衛門の次男として生まれる。幼名、岡倉角蔵。家は藩命により「石川屋」を名乗り、福井の特産品や生糸の商いをしていた。店には外国人客が来ていたため、幼少期から英語に親しむ。



その後、母と死別。長延寺に預けられる。そこで漢籍を学ぶ。また、横浜居留地でジェームス・ハミルトン・バラの塾に入り、英語を学んだ。1873年に一家で上京。官立東京外国語学校に入学。1875年には東京開成学校に入学。政治学や理財学を学んだ。1880年に同校卒業。英語が得意であったこともあり、大学教師のアーネスト・フェノロサの助手として、日本美術研究や通訳を務めた。1882年には専修学校の教官に就任。専修学校創立時の繁栄に貢献。学生達に大きな影響を与えた。



1886年から約1年間、東京美術学校設立のために美術取調委員としてフェノロサと共に欧米に視察旅行へ向かう。また、新設された東京美術学校の校長に1890年に就任。横山大観、菱田春草、下村観山らを指導した。この間も内国勧業博覧会審査官、臨時全国宝物取調掛、帝室博物館理事兼美術部長など美術界に大きく貢献する。



1898年に校長排斥運動により、東京美術学校校長を辞職。横山大観、菱田春草、橋本雅邦、下村観山らと共に下谷区谷中で日本美術院を設立。新たな日本画の創造を目指す。



1904年には横山大観と菱田春草と共に渡米。ビゲローの紹介により、ボストン美術館に迎えられる。翌年には同館の東洋部長として活躍。1906年に日本美術院の拠点を茨城県に移す。その後は、文部省美術審査委員会委員や正五位勲六等に叙される。また、ボストン美術館に再び訪れ、ボストン美術館中国・日本美術部長に就任。東京帝国大学でも講義をするなど幅広く活躍した。



東京都台東区には岡倉天心記念公園がある。また、茨城県北茨城市には茨城県天心記念五浦美術館が設立されている。





年表
1863年 横浜に生まれる
1870年 ジェームス・ハミルトン・バラの英語塾に入塾
1873年 上京
    官立東京外国語学校 入学
1875年 東京開成学校 入学
1880年 東京開成学校 卒業
1881年 アーネスト・フェノロサの助手
1882年 専修学校教官
1886年 欧米視察旅行
1887年 東京美術学校幹事
1889年 帝国博物館理事
    大博覧会美術部審査官
1890年 東京美術学校 校長
1898年 東京美術学校 辞職
    日本美術院を発足
1904年 ボストン美術館に迎えられる
1907年 正五位勲六等
    美術審査委員会委員
1910年 ボストン美術館中国・日本美術部長
1912年 文展審査委員
1913年 死去
    従四位・勲五等双光旭日章

岡倉天心 の代表的な作品

  • 「茶の本」
  • 「日本の目覚め」
  • 「東洋の理想」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら