買取作家

野口雨情

のぐち うじょう

野口雨情 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 野口雨情 の作品を高く評価し買取しております。
もし 野口雨情 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

野口雨情(のぐち うじょう、1882-1945年)は、明治時代に活躍した詩人、童謡・民謡作詞家である。
1882年5月29日茨城県多賀郡磯原村に父量平、母てるの長男として生まれる。本名英吉。


1897年に伯父の衆議院議員野口勝一(北厳)宅に寄宿。1901年に東京専門学校高等予科文学科(現早稲田大学)に入学。坪内逍遥に師事するが、1年余で中退し詩作を始める。しかし父の事業失敗と死により、1904年に帰郷。家督を継ぎ、高塩ひろと結婚。この頃から「雨情」と号を名乗る。


1905年に処女民謡詩集『枯草』を水戸から自費出版。日本最初の創作民謡集であった。しかし反響は得られなかった。


以後、多くの職業を転々とし、北海道や茨城、東京と移りつつ詩作を続ける。1919年童謡運動をはじめ、翌年には児童雑誌『金の船』(のち『金の星』)に毎月発表しはじめる。1921年には童謡集『十五夜お月さん』を刊行。その後も民謡や童謡の創作、理論的指導などを精力的に行った。「船頭小唄」が演歌師に歌われたことにより、知られるようになる。その後全国に流行。1928年には「波浮の港」、翌年には「紅屋の娘」のレコードがヒットするなど,新しいメディアにのって大衆に親しまれる歌を生んだ。


また、他方童謡とともに盛んとなった「新民謡」にも力を注ぎ、1935年には日本民謡協会を再興し、理事長に就任している。同年、仏教音楽協会も設立され、評議員に推薦される。


しかし、1943年に軽い脳出血で倒れる。その後は療養に専念。1945年1月27日に疎開先の宇都宮市鶴田町の羽黒山麓で死去。

仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。「七つの子」「シャボン玉」「青い眼の人形」などのように、いわゆる純真な童心をうたいあげた作品を作り、典型的な童謡イメージを確立した。



年表
1882年 佐賀県に生まれる
1897年 上京
1901年 東京専門学校高等予科文学科入学(1年余で中退)
1904年 帰郷
1905年 処女民謡詩集『枯草』を水戸から自費出版
1907年 「早稲田文学」に詩作品を掲載
    札幌の「北鳴新報社」入社
1909年 帰郷後、上京
1919年 詩集「都会と田園」で詩壇復帰
    「枯れすすき作詞、中山晋平に作曲依頼
    「金の船」に童謡作品を発表
1921年 童謡集『十五夜お月さん』を刊行
1935年 日本民謡協会を再興 理事長に就任
    仏教音楽協会も設立 評議員に推薦される
1943年 軽い脳出血で倒れる
1945年 死去

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら