買取作家

会津八一

あいづ やいち

会津八一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 会津八一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 会津八一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

会津八一(あいづ やいち 1881年(明治14年)8月1日-1956年(昭和31年)11月21日)は、日本の歌人、書家、美術史家。新潟県出身。雅号は秋艸道人、渾斎。
中学生の頃から「万葉集」等、俳句に親しみ、多くの俳句や俳論を残す。弟子に吉野秀雄。
早稲田大学在学中に坪内逍遥に師事。
1908年に奈良を訪れ古寺を巡るにつれ奈良の仏教美術に興味を持ち、短歌への関心を高め、古都奈良の美術を短歌で表現した。他にも故郷の新潟や草花を詠んだ短歌も多数。


1933年、独学で学んだ東洋美術史、仏教美術史研究をまとめた「法隆寺・法起寺・法輪寺建立年代の研究」が刊行。
後の1934年、文学博士の学位を受けた。
1940年には歌集「鹿鳴集」1941年に書画図録「渾齋近墨」また、1942年に随筆集「渾齋随筆」1944年歌集「山光集」と次々に刊行。
「會津八一全歌集」では読売文学賞を受賞した。

書においては、古代の中国文字から現代の文字までを研究し、自ら独自の書を築く。
個性的でわかりやすかったため、独住の書家と呼ばれていた。

故郷である新潟県には、會津八一の調査研究を市民に伝え教育に役立てる事を目的とした「新潟市會津八一記念館」がある。

会津八一 の代表的な作品

  • 「春日野に おし照る月の ほがらかに 秋の夕べと なりにけるかも」
  • 「會津八一全集」(全12巻)
  • 「鹿鳴集 歌集」
  • 「會津八一題簽録」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら