買取作家

西川寧

にしかわ やすし

西川寧 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 西川寧 の作品を高く評価し買取しております。
もし 西川寧 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

西川寧(にしかわ やすし、1902年-1989年)昭和から平成時代に活躍した書家である。昭和の三筆の一人。


1902年1月25日に西川春洞の三男として東京に生まれる。父に師事し、幼少より書に親しむ。父と死別後は、
自ら「篆書時代」と称したように、篆書に没頭した。


1920年に東京府立第三中学校を経て、1925年慶應義塾大学文学部支那文学科を卒業。1930年泰東書道院,1933年謙慎書道会結成に参加する。その後1934年から母校で講師、教授となる。


また、清の書家・趙之謙に傾倒し、1938年から1940年まで外務省在外特別研究員として北京に留学する。山西、河南、山東など各地の史蹟、古碑を訪ねる。1947年から1962年まで東京国立博物館調査員となり、北京で中国文学、金石学、中国書法を調査研究にあたる。
その一方で、慶大予科教授や、慶大文学部講師、日展審査員、東京教育大学教授などを務めた。


また、1955年「隷書七言聯」で日本芸術院賞を受賞する。その後も1972年に勲三等瑞宝章受章や、1977年文化功労者、日展顧問となり活躍。1985年に日本の書家として初めてとなる文化勲章を受章する。没年に、正三位勲一等瑞宝章を追贈されるなど、様々な場で活躍を見せた。
1989年5月16日に死去する。



年表
1902年 東京に生まれる
1925年 慶應義塾大学文学部支那文学科を卒業
1933年 泰東書道院・謙慎書道会を創立
1938年 外務省在外特別研究員として北京に留学
1940年 帰国
1943年 慶大予科教授
1946年 慶大文学部講師
1947年 東京国立博物館調査員となる
1948年 日展審査員
1950年 日展運営会参事
1955年 「隷書七言聯」で日本芸術院賞を受賞
1958年 日展評議員
1959年 東京教育大学教授
1960年 「西域出土晋代墨蹟の研究」で文学博士
1964年 國學院大學、東京大学文学部講師
1969年 日本芸術院会員、日展常務理事
1972年 勲三等瑞宝章受章
1977年 文化功労者、日展顧問
1985年 文化勲章を受章
1989年 正三位勲一等瑞宝章を追贈される
    死去

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら