買取作家

徳川慶喜

とくがわ よしのぶ

徳川慶喜 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 徳川慶喜 の作品を高く評価し買取しております。
もし 徳川慶喜 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

徳川慶喜(とくがわ よしのぶ 1837年10月28日-1913年11月22日)は江戸幕府、日本史に残る最後の征夷大将軍。

水戸藩9代目当主、徳川斉昭の7男。
幼名は松平七郎麻呂。

斉昭の教育方針で9歳ごろまで水戸で過ごす。
この頃に弘道館で会沢正志斎らから学問や武術を教わる。

黒船来航の混乱時に家康が死去。跡継ぎの家定は病弱であったため、将軍跡継ぎ問題が勃発。
慶喜を推薦する斉昭や、薩摩藩主の島津斉彬ら一橋派、徳川慶福(のちの家茂)を推薦する彦根藩主、井伊直弼や、本寿院をはじめとする大奥の南紀派が対立。
島津斉彬の死後、一橋派は勢いをなくし、将軍は家茂となった。

大老となった井伊直弼が日米修好通商条約を調印させ、慶喜らは隠居謹慎処分を受ける。(安政の大獄)

1866年7月20日、家茂が死去。
家茂の後継ぎとして、老中から次期将軍に推薦されるも固辞。
8月20日に徳川家の家督は継いだもののはじめは将軍職に就くことを拒み続け12月5日にようやく就任した。

薩摩、長州が武力倒幕に傾倒することを予想し、1867年10月14日大政奉還を行い、明治天皇に政権を返上した。

戊辰戦争時、1868年1月に勃発した鳥羽・伏見の戦いで薩摩藩兵との武力衝突に至るも、自分が指揮する旧幕府軍に残るように指示し、勝つ余地があったのにもかかわず自分は側近などを連れて退却した。
その後、慶喜を朝敵とする命が下り駿河の宝台院に移り謹慎。
これによって事実上、徳川家の政権は幕を閉じた。

1869年、戊辰戦争の終結と共に謹慎が解除され、静岡に移り住む。
写真や狩猟など趣味に没頭し、巣鴨、文京区に移住し、77歳の頃、急性肺炎のため逝去。

徳川慶喜 の代表的な作品

  • 「西洋風景」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら