懐玉斎正次かいぎょくさい まさつぐ

  • 買取強化中

懐玉斎正次について

懐玉斎正次の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

懐玉斎正次(安永正次、かいぎょくさい まさつぐ、1813~1892年)は江戸後期から明治時代の根付師。

年少のころから独学で彫技を身につけ、牙彫、木彫の置物や根付の制作にする。

正次が生きた幕末から明治にかけての時代は、根付が日本独特の工芸品として海外でも大いにもてはやされた時期に当たっており、正次の作品もその大半が欧米諸国に渡ったものとみられる。

なお、正次の根付には「懐玉堂」「正次」「懐玉」「懐玉斎正次」などの銘が刻まれているが、著名な作家だけに贋作も多く、その真偽を判断することは困難である。

懐玉斎正次の作品の大半は欧米に渡ったものとみられている。根付作品には「懐玉堂」「正次」「懐玉」「懐玉斎正次」などの銘が刻まれているが、贋作が多く真偽を判断することが困難。

懐玉斎正次の代表的な作品

  • 「蛤天橋立根付」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

懐玉斎正次を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法