加藤栄三かとう えいぞう

    加藤栄三について

    加藤栄三の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    加藤栄三

    加藤 栄三(かとう えいぞう 1906年(明治39年)8月20日 - 1972年(昭和47年)5月24日))は日本の日本画家。岐阜県出身。弟は同じく画家の加藤東一。


    1906年 岐阜市に漆器商加藤梅太郎、ための三男として生まれる。
    1926年 東京美術学校日本画科に入学。東山魁夷、橋本明治、山田申吾、若林景光らと同年。
    1929年 第10回帝展「夏日小景」初入選。
    1931年 東京美術学校日本画科を卒業。卒業後は結城素明に師事。
    1936年 文展に「薄暮」を出品し、文部大臣賞を受賞する。
    1939年 文展で「月夜」が特選となる。
    1943年 海軍報導班員としてセレベス、ジャワ等南方に派遣される。
    1945年 岐阜空襲により生家が全焼。「薄暮」などの代表作やこれまで描きためた写生等はほとんどを焼失してしまう。
    1948年 東京、京都の日本画家によって設立された創造美術の会員となる。
    1950年 創造美術を橋本明治とともに脱退。
    1951年 日本橋高島屋にて橋本明治と「二人展」を開催する。日展に復帰し、「草炎」を出品する。
    1952年 日展で審査員となる。
    1959年 前年の日展出品作「空」で日本芸術院賞受賞。
    1967年 ヨーロッパを周遊する。
    1968年 印度、ネパールを旅行。
    1969年 日展理事となる。
    1971年 第3回改組日展「流離の灯」出品。
    1972年 5月24日、自宅にて自死。享年65歳。

    加藤栄三の代表的な作品

    • 「薄暮」
    • 「月夜」
    • 「空」
    • 「飛天」
    • 「刻」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    加藤栄三を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法