買取作家

中村不折

なかむら ふせつ

中村不折 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 中村不折 の作品を高く評価し買取しております。
もし 中村不折 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

中村不折

中村不折(なかむら ふせつ、1866年-1943年)は明治から昭和時代に活躍した日本の洋画家、書家である。


1866年7月10日江戸京橋八丁堀に生れた。本名鈼太郎。1870年に明治維新の混乱を避けるため、一家を挙げて父の郷里長野県高遠に移る。幼少の頃から地面に絵を描いたり、字を書いたりすることを好み、物の形を写すことを楽しみとしていた。将来は学問や芸術の道に進むと決めていたが、明治維新の影響で父が職を失い貧しかったため、15歳で商人として働かなければならなかった。しかし、学問た芸術に進むため時間を作っては、書や絵の勉強に励んだ。


19歳の時に北原安定に漢籍、真壁雲卿に南画、白鳥拙庵に書をそれぞれ学ぶ。20歳の時には長野に遊び、河野某に就て洋風画の初歩を学ぶ。その後21歳で西伊那部学校の助教となる。22歳の時には、飯田小学校で図画・数学の教師となり、担任生徒には後の菱田春草や樋口龍峡がいた。その後も自身の勉強に励む。


その後1887年に上京。高橋是清の館に住み込みながら、画塾『不同舎』に入門。また、十一字会研究所に入り、小山正太郎、浅井忠の薫陶を受けた。この間金銭的に苦しかったため、日本新聞社の挿絵などを担当し生活の糧としていた。また、1895年に記者として日清戦争に従軍し、中国に渡った。それをきっかけに中国の書に興味を持ち、収集するようになった。帰国後も引き続き挿絵を担当。


1899年の第10回明治美術展覧会に「淡煙」及び「紅葉村」を出品。「淡煙」は宮内省御用品となり、「紅葉村」は翌年にパリ万国博で褒賞を受賞する。


1901年には渡仏し、ラファエル・コランに師事。その後アカデミイ・ジュリアンに転じ、ジャン・ポール・ローランスの薫陶を受け、ジュリアン画塾のコンクールに入賞する。


1905年に帰国。帰国後は、太平洋画会会員となり、主に歴史画の分野で活躍する。
1907年には東京勧業博覧会審査員に選ばれ、大作「建国剏業」を発表し、1等賞を授けられたが授賞を返却した。同年文展の創設と共に審査委員会委員となる。翌年の1908年には前田黙鳳らとともに健筆会を結成する。その後も河東碧梧桐らと「龍眠会」を結成するなど活躍をした。また、1919年には帝国美術院会員、1937年帝国美術院会員となった。その間も、多くの作品を発表した。


数々の審査員や、会員として作品を発表する一方で、1934年太平洋画会研究所を太平洋美術学校と改組し、その校長となり、後進の教育でも活躍した。更に書道博物館が文部省より財団法人の認可を受け、1936年財団法人書道博物館を創立し、貢献した。


その後の1943年6月6日に夫人と散歩に出かけている時に脳溢血で倒れ、東京都下谷区の自邸に於て逝去。享年78。


中村不折は森鷗外や夏目漱石等の作家とも親しく、「吾輩は猫である」「若菜集」「野菊の墓」などの挿絵や題字を書いた事でも知られている。



年表
1866年 東京に生まれる
1887年 上京 小山正太郎に師事
1901年 渡仏し、絵の指導を受ける
1905年 太平洋画会に所属する
1907年 東京勧業博覧会審査員に選ばれる
    文展の創設 審査委員会委員
1908年 健筆会を結成
1919年 帝国美術院会員
1934年 太平洋画会研究所を太平洋美術学校と改組 校長となる
1936年 台東区に書道博物館を開館
1937年 安井改組の帝国芸術院会員となる
1943年 脳溢血の為、死去

中村不折 の代表的な作品

  • 「建国剏業」
  • 「羅漢図」
  • 「裸体」
  • 「海岸の三人娘」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら