買取作家

橋本雅邦 買取強化中 帝室技芸員

はしもと がほう

橋本雅邦 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 橋本雅邦 の作品を高く評価し買取しております。
もし 橋本雅邦 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

橋本雅邦

橋本雅邦(はしもと がほう 天保6年7月27日(1835年8月21日)) は幕末から明治時代に活躍した狩野派の絵師、日本画家。

1835年、江戸木挽町(東京都中央区)の狩野家の邸内に生まれる。父は狩野養信門下の狩野派絵師・橋本養邦で武蔵国(埼玉県)川越藩の御用絵師だった。

幼少時より父から絵を学び、12歳で養信に入門。同門の7歳年上の狩野芳崖とは生涯を通じて親交があった。入門してほどなく養信が没したため、子の勝川院雅信の門下となる。芳崖とともに勝川院門下の四天王と呼ばれ、とくに二人は「勝川院の二神足」「勝川院の龍虎」と称された。

26歳で雅邦の名をもらって独立し結婚するが、狩野派絵画の需要は減っていた。1871年に出仕していた川越藩が廃止されると海軍兵学校で製図の仕事に就き、絵師としての活動はあまりできなくなる。

1877年、山口県に帰郷していた狩野芳崖が上京し、ふたたび画業の研鑽に励むようになる。

1886年、海軍兵学校を辞し、岡倉天心、フェノロサらの東京美術学校設立に携わる。フェノロサと天心は、西洋美術を吸収した新たな伝統主義美術の創出を目指していた。東京美術学校は、官立の美術学校としては工部美術学校に次ぐ2番目の学校だったが、内容は正反対で、伝統美術のみが教えられ、日本画はその中心だった。教官は狩野派、円山四条派、大和絵に力点が置かれ、南画、南北合派、浮世絵は排除された。

1888年、美術学校開校を目前に芳崖が亡くなり、雅邦は絶筆の『悲母観音』を仕上げる。

1889年、東京美術学校絵画科の主任に就任。

1890年、第3回内国勧業博覧会にて、狩野派の絵画様式に西洋的な表現を加えた『白雲紅樹』が妙技一等賞を受賞する。また同年、帝室技芸員となる。

1898年、岡倉天心を誹謗する怪文書の流布をきっかけに、天心と天心派の教官が東京美術学校を辞職・懲戒免職となる事件が起きる。雅邦も横山大観、菱田春草らとともに学校を去り、天心一派が設立した日本美術院の創立に参加した。

1900年、パリ万国博覧会に出品した『龍虎図』が銀賞を受賞。

1908年、死去。享年72歳。

橋本雅邦 の代表的な作品

  • 『白雲紅樹』
  • 『竜虎図』

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

橋本雅邦を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で、美術品・骨董品の時価評価が必要な際は、古美術永澤の「美術品評価サービス」をご利用下さい。 美術品評価サービスについて

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら