買取作家

福田平八郎

ふくだ へいはちろう

福田平八郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 福田平八郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 福田平八郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

福田平八郎

福田 平八郎(ふくだ へいはちろう、1892年2月28日 - 1974年3月22日)は、大分県出身の日本画家。
号は素僊(そせん)、九州。

印に「馬安」を用いるが、父・母の名前にちなむ。

鋭い観察眼を基にした、対象がもつ雰囲気、美しさを抽出した表現が特徴とされる。

生涯「水」の動き、感覚を追究していたとされ、「漣」は昭和天皇と一緒に魚釣りに行ったときの[要出典]、池面に映る水面の模様を描写した作品である。

1892年(明治25年) - 大分市に文具店を営む父・馬太郎と母・安(アン)の長男として生まれる
1898年(明治31年) - 大分県師範学校付属小学校に入学
1910年(明治43年) - 県立中学校に上がるが数学が苦手で「数学のことを考えるだけで世の中が暗くなる気がして」、中学校3年の進級に失敗、京都市立絵画専門学校別科に入学する
1911年(明治44年) - 隣接する京都市立美術工芸学校に入学。卒業制作は同校の買い上げとなる
1918年(大正7年) - 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業
1919年(大正8年) - 第一回帝展に「雪」が入選
1921年(大正10年) - 第三回帝展に出品した「鯉」が特選となり、宮内省(現・宮内庁)が買い上げる。
1922年(大正11年) - 谷口テイと結婚
1924年(大正13年) - 帝展の審査員になり、京都市立絵画専門学校助教授に就任
1928年(昭和3年) - 支那に旅行
1930年(昭和5年) - 中村岳陵、山口蓬春らと六潮会に参加
1932年(昭和7年) - 「漣」を発表。
1936年(昭和11年) - 京都市立絵画専門学校教授となる。
1947年(昭和22年) - 帝国芸術院(同年末日本芸術院)会員。
1948年(昭和23年) - 毎日美術賞受賞。
1949年(昭和24年) - 日展運営会理事。
1958年(昭和33年) - 日展常務理事。
1961年(昭和36年) - 文化勲章受章、文化功労者。
1969年(昭和44年) - 日展顧問。
1974年(昭和49年) - 没、従三位追贈。

福田平八郎 の代表的な作品

  • 「漣(さざなみ)」
  • 「雨」
  • 「筍(たけのこ)」
  • 「新雪」
  • 「鸚哥(いんこ)」  「花の習作」
  • 「牡丹」


出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら