歌川広重うたがわ ひろしげ

  • 浮世絵

歌川広重の買取

歌川広重の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

歌川広重 歌川広重(うたがわ ひろしげ、1797年~1858年は、江戸時代の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。
江戸八代洲河岸の定火消同心・安藤源右衛門の長男として生まれる。
15歳のときに初代歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員でことわられ、歌川豊広の門下となる。
『広重』の名は師匠の豊広から「広」、本名 重右衛門から「重」を1字ずつ取った。

天保四年(1833)頃に保永堂から出版された「東海道五十三次」が大人気となる。「東海道五十三次」は東海道の宿場とその周辺の風景を抒情的に描いた名所絵で、当時の旅ブームに乗って大ヒットとなり、以降、種々の「東海道」シリーズを発表した。
さらに、各種の「江戸名所」シリーズを手掛け、最晩年に制作した一大連作「名所江戸百景」は、ゴッホが模写したことでも知られる。

1858年(安政5年)享年62。死因はコレラだったと伝えられ、辞世の歌、
東路へ筆をのこして旅のそら 西のみ国の名ところを見ん
(「死んだら西方浄土の名所を見てまわりたい」の意)が遺る。

歌川広重の代表的な作品

  • 東海道五十三次
  • 近江八景
  • 木曽海道六十九次
  • 江戸高名会亭尽
  • 金沢八景
  • 六十余州名所図会
  • 名所江戸百景
  • 冨二三十六景

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

歌川広重を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法